ここから本文です

世界200台限定! 個性を極めたBMW i8 アルティメット・ソフィスト・エディション 登場

9/12(木) 6:40配信

Auto Messe Web

2020年4月に生産最終、最後の限定モデルか

 BMWは、同社のプラグインハイブリッドスポーツカーである”i8クーペ”と”ロードスター”に、特別限定車として「BMW i8 Ultimate Sophist Edition(アルティメット・ソフィスト・エディション)」を設定し、9月5日から受注を開始した。リリースされた特別限定車は、全世界で200台限定の先着販売。価格はクーペが2312万円、ロードスターは2453万円とアナウンスされている。

世界限定200台である証の専用バッヂ【画像】

「BMW i」は、持続可能な次世代モビリティを提唱するBMWのサブブランドであり、i3、i8をラインアップ。そのフラッグシップであるi8は、スーパースポーツでありながら小型車に匹敵する燃費性能と低排出ガスを実現したモデルだ。デビュー当時、プラグインハイブリッドテクノロジーのeDrive、量産車として初めてCFRP(カーボンファイバー強化樹脂)を基本骨格に採用するなど、革新的なスーパースポーツカーとして注目を集めた。

 もちろんパフォーマンスもスーパースポーツにふさわしいもので、1.5リッター直3エンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドユニットは最高出力374馬力、最大トルク570N・mを発生。0-100km/h加速4.4秒というダイナミックな走りを実現する。

 今回の特別限定車は、そんなi8をベースにしながら、同車の個性的なスタイルを際立たせるアイコンをプラス。ボディカラーをソフィストグレーとし、ホイールやトリムなどに専用色となるE-コッパーを採用した。

 車内も同じくE-コッパーのカラーとすることで統一感や、スペシャルモデルならではの雰囲気を演出。センターコンソールやサイドシルには、全世界で200台限定の証である「Ultimate Sophisto Edition 1 of 200」と刻まれた限定バッヂを備え、スペシャルであることを主張している。

 クーペ、ロードスターともに2020年4月に生産終了が予定されているだけに、この特別限定車は大いに意味のある選択と言える。しかも全世界限定200台というプレミアモデル。このチャンスを逃す手はない。

Auto Messe Web編集部

最終更新:9/12(木) 6:40
Auto Messe Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事