ここから本文です

【王者か挑戦者か 究極の選択】中古で選ぶならハイエースかキャラバンか

9/12(木) 9:00配信

ベストカーWeb

 2004年8月にデビューした現行ハイエースはプロユースの1BOX車として不動の人気を誇っている。

(画像ギャラリー)【王者か挑戦者か 究極の選択】中古で選ぶならハイエースかキャラバンか

 2018年の新車販売台数を見ると、現行ハイエースバン(レジアスエース含む)は5万7893台と、最大のライバル、日産キャラバン(2万3713台)に3万4180台の差をつけている。

 現行ハイエースのデビューは2004年8月だから、デビューしてから15年も経つというのに、なぜこれほどの人気を保ち続けているのか?

 一方、ハイエースのライバルといえば、2012年6月にハイエースを研究して新型にフルモデルチェンジした現行5代目NV350キャラバン。

 新車販売では圧倒的にハイエースに軍配があがったが、中古車ではどうなのだろうか? 今回はハイエースとキャラバンの中古車にスポットを当て、両車の中古車相場や人気グレードを徹底調査。

 ハイエース、NV350キャラバンのどちらの中古車が選べばお得なのか? 中古車事情に詳しい萩原文博氏が解説する。

文/萩原文博
写真/ベストカーWEB トヨタ 日産

ハイエースはデビューしてから約15年! フルモデルチェンジが近い

 ハイエースの現行モデルは2004年8月に登場した200系と呼ばれるモデルで、すでに丸15年も販売しているロングセラーモデルとなっている。

 ベストカーwebではこれまで、新型ハイエースのスクープ記事を掲載してきたが、次期ハイエースは現行型のキャブオーバータイプの1BOXタイプから、ショートノーズの付いたスタイリングに変わると予想している。

 新型ハイエースは、ライバルである日産NV350キャラバン同様にビジネスユースとして使用されることが多いため、“4ナンバー枠”全長4700mm以下、全幅1700mm以下、全高2000mm以下を維持すると考えられている。

 一般的には新型車が登場すると旧型となったモデルの中古車は値落ちが進むものだが、その点も見ていきたい。

まずはハイエースとNV350のボディ形状の違いから

 そこで、今回は1BOX車のロングセラーモデルであるハイエースと長年のライバル車である日産NV350キャラバンのバンの中古車事情について紹介しよう。

 まずは多彩なハイエースとNV350キャラバンのバンモデルのボディ形状を紹介しよう。

 ハイエースの全長はロング(4ナンバー4695mm、1ナンバー4840mm)と5380mmのスーパーロングの3種類。全幅は1695mmの標準と1880mmのワイドの2種類となる。

 全高は標準ルーフが1980mm(ジャストロー1985mm)、ミドルルーフが2105mm、そしてがハイルーフ(ロングボディは2240mm、ジャストロー2245mm)、スーパーロングの2285mmとなっている。

1/4ページ

最終更新:9/12(木) 9:00
ベストカーWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事