ここから本文です

謎多き深海サメはどう暮らしている? 深海でのタグ付けに初めて成功

9/12(木) 7:12配信

ナショナル ジオグラフィック日本版

カグラザメの大がかりな調査がついに前進

 2019年6月29日、米国フロリダ半島の南東に位置するバハマ諸島、エルーセラ島沖で、研究チームは潜水艇ナディール号を海に下ろした。激しい雨が小降りになったのを、彼らは幸運の兆しと考えたがった。それほど、この潜水活動は重要だった。

【動画】謎多き深海サメ「カグラザメ」の撮影に成功

 研究チームの構成メンバーはフロリダ州立大学、フロリダ自然史博物館、ケープ・エルーセラ研究所、そして資産家のレイ・ダリオ氏が立ち上げた海洋探査プロジェクト「オーシャンX」の研究者たちだ。彼らはこの1年間、潜水艇から追跡タグを発射し、サメの体に取りつけようと奮闘していた。これは史上初の試みだ。

古代サメの末えい

 彼らが狙っていたのはカグラザメという大型のサメで、エメラルドグリーンの目と、6対の鰓孔(えらあな)を持っている(ほとんどのサメの鰓孔は5対)。カグラザメは、翼竜やティラノサウルスが陸上に現れるより前から海にいたサメの子孫と考えられていて、ほとんどの時間を深海で過ごし、水深1400mもの深さを泳いでいることもある。

 深海を好むカグラザメを研究するのは非常に困難だ。カグラザメについて、どのような点が明らかになっていないのかという質問に対して、ウッズホール海洋学研究所の上級科学者サイモン・ソロルド氏は「明らかになっていることを説明する方がずっと簡単です。ほとんどありませんから」と笑う。

 国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストはカグラザメを「近危急種」に分類しているが、その個体数や、増えているか、減っているかを評価するためのデータは不十分だ。メスはオスより大型で、成体は体長5.5メートルほどになり、胎生でいちどに40~110匹の幼魚を産むが、繁殖地も妊娠期間も不明。カグラザメは南極以外のすべての大陸の沿岸で目撃されているが、広い範囲を回遊しているのか、それとも広く分布しているのかはわからない。

潜水艇と水中銃を使った「大胆な試み」

 米国フロリダ州立大学沿岸海洋研究所の研究副所長であり、科学者のディーン・グラブス氏は、2005年にカグラザメに衛星追跡タグを取りつけ、明るさ、温度、水深のデータを収集することに初めて成功した。彼は魚を餌にして深海のサメを釣り、長い釣り糸で海面まで引き上げ、背びれの下にタグを取りつけた。

 グラブス氏はその後、同じ方法を使って、世界の5カ所の海域で20匹以上のカグラザメにタグを取りつけた。しかし、サメたちは深海から海面まで引き上げられることには耐えられても、その後数日間はいつも通りの行動ができないことに気づいた。そこでグラブス氏は、大胆な方法を思いついた。カグラザメが本来生息している深海で、潜水艇からタグを取りつけることはできないだろうか?

「できない理由」はたくさんあった。海洋技術学会によると、2017年の時点で、世界には科学研究用の有人潜水艇は14隻しかなかった。そうした潜水艇を使用するには、ボートでタグを取りつける場合とは、けた違いの費用がかかる。オーシャンXは費用についてはコメントしていないが、今回のプロジェクトに関与していないウッズホール海洋学研究所によると、55年前に建造された同研究所の潜水艇アルビン号の使用料は1日あたり4万5000ドル(約480万円)だという。さらに、自由に泳いでいるサメの場合、タグを正確な位置に取りつけるのは非常に困難だ。

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事