ここから本文です

なぜ売れる? ワークマン 開発者インタビュー「バイク乗りの立場で本当に使いたいものを」

9/12(木) 5:30配信

WEBヤングマシン

【レインスーツの試作品をテストした際の貴重な資料。浸水した箇所やサイズ微調整の指示が細かく明記されており、これが工場に送られて仕様が変更される】

【総括】秋冬はさらにパワーアップ 今後の動向から目を離すな!

どっぷりとハマった趣味であれば、高額なブランド品を買うことに躊躇はしないが、まだその入り口にいる人にとって例えばレインスーツに1万円を出すのは勇気がいるもの。では、いくらなら妥当なのか。ワークマンのアウトドア系PBは、そうしたビギナーが手を出しやすい価格ありきで企画されており、もちろんベテランが使っても及第点が得られる性能が担保されている。秋冬シーズンにはバイク乗り向けに振り切ったアイテムを数多くラインナップするとのことで、体はもちろん、フトコロ的にも暖かく年を越せそうだ。

●写真:松井 慎
●取材協力:株式会社ワークマン
※ヤングマシン2019年8月号掲載記事をベースに再構成

2/2ページ

最終更新:9/12(木) 5:30
WEBヤングマシン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事