ここから本文です

シュワルツェネッガー役を演じたボディビルダーから、筋肉づくり & 筋トレのアドバイス

9/12(木) 21:13配信

エスクァイア

 ミスターユニバースの栄冠を三度手にしたカラム・ヴォン・モガーさん(Calum von Moger)は、あのシュワちゃんことアーノルド・シュワルツェネッガーと比べられるほど知名度の高い、オーストリア人ボディビルダーです。

 実際、映画のなかでシュワルツェネッガー役を演じたことさえあります。

映画の中でシュワルツェネッガー役を演じたモガーさん

 しかしながら、その輝かしい栄光の陰に多大なるハードで過酷なトレーニングと、それを支える強靭な意志、そして忍耐があったことは疑いようのない事実です。

 ヴォン・モガーさんは最近、インスタグラムの投稿で、ジム通いを始めたばかりの初心者諸氏のためアドバイスを投稿しています。「長期間におよぶことになるジムでのトレーニングを、いかに楽しめるかがカギとなります」とのこと。

◇6つの素晴らしい筋トレ アドバイス

 いくつもの素晴らしいアドバイスを投稿してくれていますが、ここで選りすぐりをいくつかご紹介しましょう!


【1】ウエイトの重さを目指す前に、まずは正しい姿勢とテクニックを身につけましょう。

【2】トレーニングの前には、充分なウォーミングアップと、ストレッチを欠かさないこと。そして、給水もお忘れなく。

【3】周囲の人々に気を取られず、自分のトレーニングにとにかく集中しよう。

【4】スクワットやデッドリフト、ベンチプレス、バーベルロウ、ダンベルカールなどのフリーウエイトや、コンパウンド トレーニングを優先順位の上位に置くと良いでしょう。

 厳密に言うと、ダンベルを使ったトレーニングはコンパウンド トレーニング(混ぜ合わせること)ではありません。

 コンパウンド トレーニングとは、複数の関節や筋肉を同時に動かす運動であり、バーベルを用いて行うのが一般的です。

 とは言え、メニューにダンベルを使うトレーニングを加えるべきであることは間違いありませんよ。

【5】クリフ・ラぺリングやタンデム・バイセップカールといったトレーニングは、避けるほうがよいでしょう。

【6】筋トレ後には、プロテイン摂取の増量を心がけましょう。

1/2ページ

最終更新:9/12(木) 21:13
エスクァイア

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エスクァイア

ハースト婦人画報社

1933年にアメリカで誕生した
ハイエンド・ファッション雑誌です
ファッションやライフスタイルにとどまらず
アート、カルチャー情報などを届けます

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事