ここから本文です

アマゾンの森林火災を宇宙から見ると、原因が「経済活動」であることが浮き彫りになる

9/12(木) 12:11配信

WIRED.jp

米航空宇宙局(NASA)のゴダード宇宙飛行センターで働く科学者のダグ・モートンは、メリーランド州グリーンベルトにあるオフィスからアマゾンの火災を見守っている。NASAの衛星から送られてくるデータには、通常の衛星写真だけでなく、赤外線カメラやサーマルカメラが捉えた画像も含まれている。

人工衛星がとらえた「地球の絶景」12選

熱帯雨林で火災が頻発している背景には、今年1月にブラジル大統領に就任したジャイル・ボルソナロの存在がある。過激な言動で知られる大統領は環境保護にはまったく関心がなく、逆にアマゾンの開拓を奨励している。さらに、熱帯雨林の破壊が記録的なスピードで進んでいることを示したブラジル国立宇宙研究所(INPE)の衛星データは不正確だとして、INPEのトップを更迭したほか、火災は環境保護団体の「自作自演」だとまで言い出した。

しかし、NASAのデータは現在もアマゾンの各地で続く火災が、土地開発の結果であることを明確に示している。そして専門家によれば、いま起きていることは地球環境全体に影響を及ぼす可能性が高いという。

モートンは「宇宙から見ると、火災の原因は干ばつではなく経済活動であることがよくわかります」と話す。「道路の周辺やアマゾナス州およびマトグロッソ州でも、農地の拡大が進められている地域で火の手が上がっている状況が読み取れます。気候変動ではなく、経済活動が原因であることを示すデータです」

ボルソナロは選挙中から、これまで保護区として立ち入りが禁止されていたエリアへの入植を奨励してきた。就任後は、環境保護当局が熱帯林での違法伐採や皆伐の阻止に向けた施策を実行するための権限を制限している。

このままでは熱帯雨林は回復不可能に?

米国の国民にしてみれば、アマゾンの火災は結局は他人ごとだ。それに、ここ数年にカリフォルニア州などで起きた大規模な山火事と比べれば、現地の地域住民への被害は少ないように見えるかもしれない。

だが、アマゾンの熱帯雨林は二酸化炭素(CO2)の巨大な貯蔵庫としての役割を果たしている。また、熱帯雨林の木々は水蒸気をつくり出し、そこから雲が発生して南米大陸全体に雨を降らせる。

アマゾンの火災を放置すれば、地球全体の平均気温が上昇する恐れがある。アマゾンだけでなく、シベリアやアラスカ、カナダなど、世界各地で森林伐採や山火事が頻発している。米海洋大気庁(NOAA)は先に、今年の7月の世界の地表面・海面温度は観測史上で最も高かったことを明らかにしている。

一方、ブラジルの生態学者たちは、このままでは熱帯雨林は回復不可能なところまで破壊されてしまうのではないかと懸念する。ウッズホール研究センターとアマゾン環境研究所(IPAM)で火災の研究を行うパウロ・ブランドは、「乾季はまだ終わっておらず、9月には状況がさらに悪化する可能性もあります」と話す。ブラジルのピラシカバで開かれた会議に参加していたブランドは、現時点で森林火災の長期的な影響を判断することはできないと語っている。

1/2ページ

最終更新:9/12(木) 12:11
WIRED.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事