ここから本文です

40代~50代の自分のスタイルに自信がある人が、体型維持のために努力していること

9/12(木) 15:03配信

サライ.jp

自分のスタイルに自信がある女性は、「あの頃は私も輝いてたなぁ…」と思い出に浸るのではなく、“昔と変わらず輝ける自分“を目指す方が多いようですね。
また、「異性に憧れられたい」と回答した方より、「同性に憧れられたい」と回答した方の割合の方が多いことから、スタイルを維持するためのモチベーションは、“異性”からの視線よりも“同性”からの視線の方が強いことが分かりました。

そんなスタイル維持のために努力をしている女性に、「女友達と自分を比べて優越感に浸ったことはありますか?」という質問をしたところ、半数以上の方が「はい」と回答しました。

努力をしているからこそ、スタイルに自信がない女性を見た時に「もっと頑張ればいいのに、もったいない……」と感じてしまうのかもしれませんね。

■スタイルに自信がある女性の悩みとは?

それでは、スタイルに自信がある女性は、スタイルに関して悩んでいることはないのでしょうか? 「自分のスタイルに関して悩んでいることは一切ないですか?」という質問をしたところ、7割近くの女性が「いいえ」と回答しました。
スタイルに自信がある女性でも、悩みを抱えている方が多いようです。

悩みについて詳しく聞いてみると、「年齢によるたるみを解決する方法が分からない(40.6%)」「若い頃と比べて痩せにくくなった(33.8%)」「以前までの運動量では足りなくなった(10.5%)」といった意見が挙がりました。

スタイルに自信がある女性の中にも、“年齢サイン“を感じている方は多く、「若い頃と同じライフスタイルでは結果が出にくくなっている」といった声が目立ちました。

***

今回の調査から、スタイル維持のために努力をしていても、年齢が上がるごとにそのハードルは高くなっていくということがわかりました。スタイルアップの目的と自分の許容範囲のバランスをとりながら、楽しく続けることが大切かもしれないですね。

調査概要:『スタイルに関するアンケート』
【調査期間】 2019年8月3日(土)~ 2019年8月9日(金)
【調査方法】 インターネット調査
【調査人数】 1,034人/10,484人
【調査対象】 40代~50代のスタイルに自信がある女性
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ

2/2ページ

最終更新:9/12(木) 16:17
サライ.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事