ここから本文です

奈良くるみはブザネスクに競り負け8強入りならず [女子テニス]

9/12(木) 13:59配信

テニスマガジンONLINE

 国内開催のWTAツアー公式戦「花キューピット ジャパンウイメンズオープンテニスチャンピオンシップス」(WTAインターナショナル/広島県広島市・広域公園テニスコート/本戦9月9~15日/賞金総額25万ドル/ハードコート)のシングルス2回戦で、ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場した奈良くるみ(安藤証券)はミハエラ・ブザネスク(ルーマニア)に6-7(1) 5-7で敗れた。試合時間は1時間48分。

花キューピットジャパンウイメンズオープン2019|トーナメント表

 今大会に5年連10回目の続出場となった27歳の奈良は、大阪で開催されていた2013年のベスト4が最高成績。昨年は1回戦で、マンディ・ミネラ(ルクセンブルク)に3-6 4-6で敗れていた。

 両者は今回が初対戦。奈良は2日前に行われた1回戦で、第5シードのタチアナ・マリア(ドイツ)を6-4 6-4で破って勝ち上がっていた。

 ブザネスクは準々決勝で、第3シードのアリソン・バン ウィトバンク(ベルギー)とキルステン・フリプケンス(ベルギー)の勝者と対戦する。

最終更新:9/13(金) 12:15
テニスマガジンONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事