ここから本文です

「お金の発明」の元になった「2回交換する」という発想の凄さ

9/12(木) 5:00配信 有料

幻冬舎ゴールドオンライン

魚屋は肉が好きで、肉屋は酒が好きで、酒屋は…

幻冬舎ゴールドオンライン

大昔、人々は必要なものを物々交換によって手に入れていました。しかしその方法では、確実に入手できるとは限りません。そこで編み出されたのが「2回交換する」という、一見面倒に見える方法です。どういうことでしょうか? 今回は、貨幣システム誕生のプロセスとその利便性について、物々交換の時代を舞台とした物語を例に解説します。塚崎公義教授の目からウロコの経済談義、連載第32回目です。 本文:1,944文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込10

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

塚崎 公義

最終更新:9/12(木) 5:00
幻冬舎ゴールドオンライン

おすすめの有料記事

もっと見る