ここから本文です

会社員10年、自営業10年の40代…年金はいくらもらえる?

9/12(木) 9:00配信

幻冬舎ゴールドオンライン

金融庁による「老後資金として2000万円必要」とも読める報告書により、年金制度の危うさに改めて注目が集まった。本報告は、年金制度改革のため、国民に資産形成の自助努力を求めたかたちとなっていたが、実際、年金はいくらもらえるのだろうか。本記事では、保険料納付の実績や将来の年金給付に関する情報を知らせる「ねんきん定期便」について取り上げる。

自宅に届く「ねんきん定期便」をチェック!

公的な年金は基本的に65歳以降に受け取れます。※60歳や70歳など、早めたり遅らしたりもできます。


さて、皆さんはご自分の年金がいくらもらえるのか、ざっくりとご存じでしょうか?

定期的に皆さんの自宅に「ねんきん定期便」というはがきが届きます。これをチェックしてみましょう。

<例:会社員10年、自営業10年の人の場合のねんきん定期便>


これは仮の話ですが、会社員として10年勤めたあと、独立して自営業を10年している40代の人がいるとします。

すると、ねんきん定期便には下記のような文言が書いてあることがあります。※詳細は、その人の状況や収めた金額によって変化します。


●会社員時代収めたお金 300万円
●自営業者時代納めたお金 200万円
●合計 500万円


上記が、これまでに支払った年金のお金です。では、仮にここで掛け金を一円も将来支払わない場合、将来65歳などになったときにいくら受け取れるのでしょうか?


一例では、およそ60万円程度です。つまり、上記の場合、65歳以降に毎年およそ60万円を受け取れる「可能性」があります。毎月換算では、毎月5万円程度の生活費になります。

◆毎月5万円の年金受給額では、6720万円の生活費が不足する?


仮に、毎月の生活費が21万円の人がいるとします。その人の年金受給額が月換算5万円の場合、毎月16万円が不足します。


5万円-21万円=-16万円


毎月16万円が不足しますので、その分資産を取り崩さないといけません。仮に100歳まで生存した場合、35年間あります。

つまり、-16万円×12か月×35年=-6720万円です。※一人暮らしの場合


老後に2000万円不足する問題などが取り上げられていますが、この人のケースでは、7000万円近くが不足します。

◆ねんきん定期便に書いてある年金額はあてになる? ならない?


さて、自宅に送られてくるねんきん定期便ですが、これに書いてある金額通りに受け取れるでしょうか?


正解は、よく分からないです。このまま、少子高齢化と長寿化が進行すると、ほぼ確実に年金受給額は減少すると考えられます。これは、お金を出す若い方が減って、受け取る高齢者(未来の私たち)が増えるので、どうしても年金受給額が減ってしまうことが予想されるからです。

1/2ページ

最終更新:9/12(木) 9:00
幻冬舎ゴールドオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事