ここから本文です

ポルノグラフィティ、東京ドームライブで20周年に乾杯

9/12(木) 19:00配信

Rolling Stone Japan

ポルノグラフィティが、9月7日・8日の2日間に渡って、「20th Anniversary Special LIVE “NIPPONロマンスポルノ’19 ~神vs神~”」を東京ドームで開催した。1999 年9月8日にシングル『アポロ』でメジャーデビューを果たした彼らの記念すべき20周年記念を祝し、歴史を辿るイベント「ポルノ展20 YEARS EXHIBITION」を開催するなど、活発に活動していた彼らの記念すべき公演。両日ともチケットは完売、ファンにとってもたまらない内容の2日間となった。2日目の9月8日公演の内容をレポートする。

写真8点:もっとライブ写真を見る

開演前からステージ横のモニターに合わせて観客が声を出したり拍手をするなど、既に大盛り上がりの様相を見せている会場。開演時間を少し回った頃、ステージから花火が上がり、ファンファーレに合わせてメンバーがセンターステージから登場すると、大きな歓声が上がった。

ライブの始まりを告げる1曲目「プッシュプレイ」から観客は手を上げてクラップし、一気に会場が温まっていく。ボーカルの岡野昭仁が「ポルノグラフィティ20周年! お前らの魂の叫びを聞かせてくれ!」と盛り上げ、「Mugen」のイントロコーラスでコール&レスポンス。そのまま「Mugen」、「THE DAY」とアップチューンを続けて披露。曲のイントロが流れる度に会場からは歓声が上がり、岡野の煽りにもどんどん拍車がかかっていく。

曲が終わると2人のMCへ。ここでスペシャルゲストとしてプロデューサーの本間昭光をステージに迎えて2000年代初期楽曲のメドレーがスタート。「ミュージック・アワー」、「マシンガントーク」、「狼」で盛り上げ、「ヴォイス」ではしっかりと聴かせるように歌い上げた。メドレーが終わった後のMCでは、本間昭光がポルノグラフィティの2人と出会った当時からブレイクするまでのエピソードなど、長年のファンにとっても嬉しい内容の話を聞くことができた。ヒット曲「アポロ」のサビのメロディが浮かんだ秘話のトークにも触れると、そのままの流れで、本間昭光のピアノを加えた演奏で往年の大ヒット曲「アポロ」を披露、会場が暗転しステージだけが照らされた状態になると、岡野が情熱的に歌い上げる「n.t.」、神秘的な曲調で場内をプラネタリウムのような幻想的な雰囲気に包み込んだ「Twilight,トワイライト」を演奏した。「Twilight,トワイライト」の後半では、ステージ横のスクリーンにポルノグラフィティの歴史を振り返る映像も流れ、会場はより感動的な雰囲気に包まれていった。

曲が終わると、ステージに1人残った岡野が「この大きなドームの真ん中で歌いたい」と言って、会場中央のセンターステージで「瞳の奥をのぞかせて」を弾き語りで披露。楽曲の途中ではヴァイオリニストのNAOTOも登場すると大歓声が上がり、2人だけで同曲を披露してみせた。続いてはギターの新藤晴一が「ウェンディの薄い文字」を披露、本人がボーカルをとり会場からは大きな歓声と拍手が上がった。

1/2ページ

最終更新:9/12(木) 19:00
Rolling Stone Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事