ここから本文です

酒場ツウが推薦!思わず酒が進む“絶品アテ豆腐”があるお店4選

9/12(木) 8:00配信

ウォーカープラス

関西ウォーカー編集部の呑み助たちが食べに通う、思わずお酒が進んでしまうおつまみ豆腐料理をご紹介!<※情報は関西ウォーカー(2019年18号)より>

【写真を見る】チーズのようなクリーミーさが魅力のもっちり豆腐とトマトの揚げ出し(420円)。豆腐は自家製/路地裏アバンギャルド

■ 中国食府 双龍居 天満駅前店

北京の日航ホテルで中華を学んだオーナーのジンさんが、試行錯誤のすえにたどり着いた日本人の口に合う本格中華が人気の店。200種以上というメニューの多さと、どの料理もボリューム満点ながらお手ごろ価格なのが魅力だ。

乾燥させた豆腐の細切り。塩とネギ油の味付けにビールが進む!

鶏ガラ、豚骨、鶏ミンチ、豚ミンチなどでとったスープが絶品。大ぶりのエビもうれしい。

ネギ油の風味も食欲をそそる、お酒と相性がいいピリ辛な一品。

「中国料理で、豆腐メニューといえば、真っ先に出てくるのが麻婆豆腐。ビールやハイボールにも合うので、最高の酒のおともなのです。でもそれ以上におすすめなのが、細切り豆腐。双龍居では、最初に注文します。薄く延ばしたような豆腐をきしめん状に切ったもので、ゴマ油などの調味料がアクセント。そのまま食べると素朴で優しい味わいなのですが、暑い夏の日の最初の生ビールのアテとして食べれば、邪魔をせず、最高のアシスタントとして活躍します」(ライター・高田)

■中国食府 双龍居 天満駅前店<住所:大阪市北区浪花町1-24 電話:06-6377-8808 時間:11:00~23:00(フードLO22:00、ドリンクLO22:30) 休み:なし 席数:220席 タバコ:喫煙可 駐車場:なし アクセス:JR天満駅より徒歩1分、地下鉄扇町駅より徒歩2分>

■ 路地裏アバンギャルド

おばんざいや炭火焼きのほか、豊富な日本酒が評判の「立ち呑み ジャックとマチルダ」の系列店。スタンディングスタイルで、おでん(各160円)とおでんのダシを使った創作メニューがそろう。料理は100円台からとリーズナブル!

おでんダシで煮込んだ豆腐の味わいに、油かすのコクがマッチ!

「女性客や一人飲み率が高く、お手ごろ価格で個性的なアテがそろうのが特徴。また、お一人様専用のアバンギャルドな四種盛り(740円)などもあり、一人で飲み歩く私には最高のお店。オススメの油カス豆腐は、肉ダシが染みた豆腐に油かすの凝縮された旨味がマッチ。これに合わせたいのが、ハッキリした味で飲み応えのあるサッポロラガーの赤星。油かす、豆腐、豆腐&油かす、最後にダシの順で。その合間に赤星を飲むのが、正しい食べ方です(笑)」(編集部・金山)

■路地裏アバンギャルド<住所:大阪市福島区福島5-6-3 電話:06-6147-7840 時間:17:00~翌2:00 休み:なし 席数:30席 タバコ:禁煙 駐車場:なし アクセス:JR福島駅より徒歩3分>

■ 蛸焼とおでん クレ

アサリダシを使った、多彩な料理で評判。夏でも人気のおでんは、カツオや昆布をベースに、仕上げにアサリダシを合わせ、深い旨味と上品な香りを表現する。アサリのダシを生地に入れた蛸焼きも、おでんに負けず人気。

アサリと湯葉の旨味が互いを引き立てる。刻み柚子で香り豊かに。

豆腐にのった辛子麹“”あけがらし”がアクセント。

「夜遅くまでやっているので、仕事で遅くなった時にふらりと立ち寄ります。アサリでダシをとるおでんがウリで、旨味が凝縮。特に湯葉が好みで、シャクシャクとした食感が抜群!柚子の香りが上品さを際立たせていて、贅沢気分に浸れます。このダシのおいしさと湯葉の食感、柚子の風味の組み合わせに負けないよう、焼酎を合わせるのが私流。夏はやっぱり水割りですね。ちなみにどのおでんも、ダシ用のアサリまで楽しめるので得した気分になりますよ!」(編集部・山田)

■蛸焼とおでん クレ<住所:大阪市西区江戸堀1-14-1 電話:06-6441-3385 時間:17:00~翌4:00(LO3:00) 休み:なし 席数:21席 タバコ:喫煙可 駐車場:なし アクセス:地下鉄肥後橋駅より徒歩1分>

■ 酒場 たいげん

京都市役所からすぐ西側、御池通と御幸町通の角というアクセス抜群の立地に加え、昼から通し営業という使い勝手のよさで人気。毎日市場から仕入れる新鮮な食材を使って作るメニューは、酒好きをうならせるものばかり。

揚げたての厚揚げとよく冷えた生酒は、これ以上ないマッチング。

「京都市役所前という比較的静かなエリアにあるこちらは、座敷席が多く腰を据えて飲める店作り。しかも昼からの営業なので、明るいうちから盛り上がれるんです。お店で豆腐を揚げて作る厚揚げは、一度食べれば忘れられない“史上最強の厚揚げ”。カリッ、フワッとした食感と、大豆本来のおいしさを感じる味わいが絶品!キリッと冷やした冷酒との相性は抜群。ほかにもすっきり系のプレーンや、ガリやしそ梅などの和フレーバーのサワーともぴったりです」(編集部・三浦)

■酒場 たいげん<住所:京都市中京区御池通御幸町亀屋町370-2 電話:075-213-0774 時間:12:00~22:00 休み:月曜 、第2・4火曜 席数:36席 タバコ:喫煙可 駐車場:なし アクセス:地下鉄京都市役所前駅より徒歩1分>

(関西ウォーカー・編集部)

最終更新:9/12(木) 8:00
ウォーカープラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事