ここから本文です

ロナウド、巧妙な“強心臓弾”に英脱帽 「なぜメッシチャントをするべきでないのか…」

9/12(木) 6:15配信

Football ZONE web

直近2試合で5ゴールと爆発中のロナウド 「何度証明する必要があるのだろうか?」

 ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)は、現地時間7日に行われた欧州選手権(EURO)予選のセルビア戦(4-2)、10日の同リトアニア戦(5-1)で5ゴールを荒稼ぎした。英メディアは「なぜメッシのチャントをするべきではないのかを思い知らせた」と取り上げている。

【動画】「なぜメッシチャントをするべきではないのかを思い知らせた」 ポルトガル代表FWロナウド、強心臓ぶり見せつける絶妙チップキック弾

 ロナウドは7日のセルビア戦で1トップとして先発出場。2-1で迎えた後半35分、MFベルナルド・シウバ(マンチェスター・シティ)のスルーパスに抜け出し、チップキックで相手GKとの1対1を制してネットを揺らした。

 EURO2020公式インスタグラムがゴールシーンの動画を公開していたが、英メディア「GIVE ME SPORT」も「ロナウドはなぜメッシチャントをするべきではないのかをセルビアサポーターに思い知らせた」と見出しを打って報道。ロナウドがボールに触るたびにホームのセルビアサポーターが「メッシ! メッシ!」とバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシのコールが投げかけられていたことを紹介している。

「それがロナウドを苛立たせ、プレーに悪影響を及ばせるための意図的な試みだった。その野次が意味をなさないことをロナウドは何度証明する必要があるのだろうか?」

 記事では、ロナウドに対して“メッシコール”を浴びせることが無意味な抵抗であることを強調していた。

 ロナウドは10日のEURO予選第6節リトアニア戦でも4ゴールと大爆発。代表通算ゴール数を「93」まで伸ばし、世界の歴代最多代表ゴール数の「109」(元イラン代表FWアリ・ダエイ)の記録に16差まで迫り、プレーでその実力を証明している。

Football ZONE web編集部

最終更新:9/12(木) 6:15
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事