ここから本文です

メッシ、ネイマール復帰“決裂”でバルサに疑心暗鬼 「できることをすべてやったのか…」

9/12(木) 20:01配信

Football ZONE web

親友であり、「世界最高の選手の1人」と認めるネイマールとの共闘は叶わず…

 バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマール復帰の噂について言及。「バルセロナができる限りのことをすべてしたのかどうかは知らない」と語った。スペイン紙「スポルト」が報じた。

 バルセロナは今夏、2017年にPSGに移籍していたネイマール復帰の噂が過熱していた。宿敵レアル・マドリードも獲得を目指したブラジル代表FWの動向には全世界が注目していたが、最終的にはPSG残留で落ち着いた。

 メッシもかつての盟友ネイマールの復帰を望んでいたが、それは叶わずに残念という思いを抱いているようだ。

「僕はネイマールに本当に戻ってきてほしかった。彼の復帰に反対する人が多かったことも知っているし、彼がクラブを去った時のことを考えれば、そういったことが起こるのも理解できる。でも、個人的にはネイマールは世界最高の選手の1人だし、彼が僕らのチームに加われば、僕らの目標達成のチャンスは大きくなっていたと思う」

 メッシはネイマールが復帰していれば、チームは今まで以上に強さを増していただろうと語った。2人はピッチ外でも親交が深かっただけに、バルサでの再会を待ち望んでいたようだ。

 さらにメッシに対しては、「バルサは彼を獲得するためにできることをすべてやったと思うか?」との質問がぶつけられた。これを受け、メッシは「正直、僕は何も知らないよ。バルセロナができることをすべてやったのかどうかについて話すほどの情報は持っていない」と話すにとどまっている。

 メッシは今夏にネイマールに直接連絡をとったとも報じられていたが、実際に「クラブに彼の獲得を要求したことはない」ことも強調していた。

 メッシとネイマール。南米を代表するスター選手2人がチームメートとして再び共演する日は訪れるのだろうか。今後も浮上するであろう移籍の噂には常に注目が集まりそうだ。

Football ZONE web編集部

最終更新:9/12(木) 20:02
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事