ここから本文です

18歳の韓国代表MF、バレンシア監督交代で立場に変化? バルセロナ戦に出場の可能性

9/12(木) 12:00配信

フットボールチャンネル

 バレンシアは11日、チームを率いていたマルセリーノ・ガルシア・トラル監督を解任し、新指揮官としてアルベルト・セラーデス氏を招聘した。この監督交代によって、バレンシアに所属する18歳の韓国代表MFイ・ガンインの立場に変化があらわれるかもしれない。11日にスペインメディア『エル・デスマルケ』が報じている。

【写真特集】韓国が熱狂した日韓W杯の記憶。今なお語り継がれる栄光と汚点

 イ・ガンインは11歳の時からバレンシアの下部組織で育ち、昨年8月にバレンシアとの契約を2022年6月まで延長。契約解除金は8000万ユーロ(約104億円)に引き上げられた。スペイン国王杯(コパ・デル・レイ)やヨーロッパリーグ(EL)にも出場したが、シーズン通して出場数は少なかった。そんな中、韓国代表としてU-20ワールドカップに参加し準優勝。イ・ガンインは大会MVPに輝いている。

 バレンシアから高い評価を受けながら、今季は6分の出場にとどまっていた。同メディアによると、新指揮官に就任したセラーデス氏は若手選手にチャンスを与えることを明言しており、イ・ガンインがトップチームに混ざって練習を行なっているという。現地時間14日に行われるバルセロナ戦で起用されるかもしれない。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:9/12(木) 12:00
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事