ここから本文です

香取慎吾の日テレ「スッキリ」出演、古巣ジャニーズも願ったり? 仕掛け人は新社長

9/12(木) 5:59配信

デイリー新潮

 生放送で「彼」の顔を目にしたのは、一体、いつ以来だろうか。稲垣吾郎、草なぎ剛と共にジャニーズを飛び出して、「新しい地図」のメンバーとなった香取慎吾。日テレの「スッキリ」で久々の地上波出演を果たしたわけだが、この復帰劇のウラで、ある「仕掛人」の存在が取り沙汰されていた。

 8月28日放映の「スッキリ」を観て、「ビックリ」した向きも少なくなかろう。

 この日の香取はSMAP時代のように歌やダンスを披露するのではなく、あくまで国際パラリンピック委員会の特別親善大使という立場で、20分以上に亘ってパラリンピックの魅力をアピールしたのだった。

 日テレ関係者によれば、

「『スッキリ』の撮影スタジオには、香取さんが出演する『全日本仮装大賞』のスタッフをはじめ、数多くの関係者が集まるなど、終始、温かい雰囲気でした」

「スッキリ」の視聴率は通常6~7%だが、この日は「香取効果」で9・2%まで急上昇。平均視聴率(昨年度)9・3%で同時間帯のトップを走る「羽鳥慎一モーニングショー」(テレ朝)にも肉薄した。

 ちなみに香取は本誌(「週刊新潮」)の取材に対して、

「パラリンピックの為にたくさんの時間を作っていただき、嬉しかったです。感謝しております」

 とコメント。

 無論、SMAPの元マネージャーで、香取が所属する「CULEN」の代表・飯島三智氏も日テレに「感謝」したことだろう。

 だが、新しい地図のメンバーを巡っては、「彼らを出演させないようテレビ局に圧力をかけた疑いがあるとして、今年7月、公正取引委員会が古巣のジャニーズ事務所を注意した」(全国紙記者)経緯がある。

 実際に「圧力」があったかはともかく、ジャニーズを独立した3人が地上波への出演から遠ざかっていたのは事実だ。

 今回の一件で日テレはジャニーズの逆鱗に触れたのではないか――。ところが、

「香取の『スッキリ』出演はジャニーズとしても願ったり叶ったりでした」

 とは芸能記者である。

1/2ページ

最終更新:9/12(木) 15:36
デイリー新潮

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事