ここから本文です

医師志望で、日本ナンバー1の俊足。福岡堅樹は、最後のW杯に駆ける!

9/12(木) 18:05配信

Number Web

 ラグビーW杯前最後のテストマッチとなった9月6日の南アフリカ戦。試合開始わずか4分で予想外のアクシデントに見舞われた。WTB(ウイング)の福岡堅樹が芝生に座り込んだまま、立ち上がることができなくなったのだ。

 福岡はそのまま脚をひきずるようにしてグラウンドを離れ、アタアタ・モエアキオラと交替。ベンチに下がると、アイシングなど治療を受けながら戦況を見守った。その視線はしっかりと試合を捉えているのだが、どこかうわの空……というよりは、茫然自失に近い状態だったのかもしれない。

 試合後、松葉杖をつきながらロッカールームへと引き上げる姿は痛々しかった。初戦のロシア戦まで2週間。「暗雲」の2文字が立ち込めた。

 しかし、試合翌日、ジェイミー・ジョセフHCから“いい知らせ”が届いた。

 「(福岡は)右ふくらはぎに出血があったようだが、グレード1の張り。当日に本人が感じたほど深刻ではない」

 誰よりも福岡自身が大会期間中の復帰が可能という見込みに安堵したに違いない。

 そして同日、27歳の誕生日を迎えた福岡は、自身の公式ツイッターで27歳の誓いを語るとともに、力強いメッセージを発信した。

 「W杯中には必ず戻るので、チームの皆を信じて自分に出来ることに全力を尽くしたいと思います!」

4年の歳月をかけて磨いたスピード。

 50mを5秒8で駆け抜けるチームナンバーワンの俊足は、前回大会では日本代表が唯一敗れたスコットランド戦のみに出場した。

 「完全燃焼かと言われると、もっと何か出来たことがあったんじゃないか、という思いがありました。当時は多少悔しい思いはありましたけど、すぐに切り替えました」(福岡)

 悔しさと、次こそは勝利を味わうことを目標に、2016年には7人制代表としてリオ五輪にも出場し、体力や技術を磨いた。

W杯でベスト8に入る準備はできている。

 武器であるスピードは、4年前の自身と比べても、「トップスピードで走ることを何度も繰り返してできるようになりました」と進化を実感する部分だ。

 4年の歳月をかけてその能力をアップグレードさせ、チームの勝利を左右する存在へと成長。今年7、8月に行われたパシフィック・ネーションズカップでは全3試合でトライをマークし、世界の強豪にもひけを取らない攻撃力を担ってきた。

 ウイングとしての存在感は日増しに高まるばかり。ジェイミー・ジャパンでも重要な役割を担っている。

 「自分たちは(W杯で)ベスト8に入るために最高の準備ができてきたと思います。チームとしていいパフォーマンスを見せるために、いいチーム作りができていると思うので、そこは安心して見守ってもらえたら。自分たちらしいプレーができれば、そこに到達できると思うので、楽しみにしていてほしいです」

 悲願のベスト8を達成するために必要なものとは何なのか。

 「個々の力を底上げすることはもちろん重要なことですが、最終的にはチーム力が大事になってくる。コミュニケーションを取ることももちろん、チームとして同じ絵を見るというか、言葉にしないでもイメージがうまく共有できていれば、さらに良いプレーを増やせる。

 それができるかどうかが、結果的にチームとしての差になってくるんじゃないかなと思います」

1/2ページ

最終更新:9/12(木) 18:05
Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

986号
9月12日発売

本体630円+税

桜の出陣。
ラグビーW杯大特集 日本代表、ベスト4への道

【別冊付録】 出場20チーム完全選手名鑑

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事