ここから本文です

『テラスハウス』男女の国語力に衝撃。ダルい、クソ、チル…で会話する人達|辛酸なめ子

9/12(木) 15:47配信

女子SPA!

【いまどきの男を知る会 ファイルNo.16 テラハ男子】

 テラスハウスを時々楽しみに拝見していて、これがイケてる若者の文化なのかと取り入れられる部分は取り入れたいと思っています。テラハを見ていると、だんだん日本中がテラハに思えてきて、フレンドリーな性格になれるような気がします。そんなポジティブな面がある一方で、懸念されるのが国語力の低下です。

「ヤッホー」「オッケー」「どうっすか」「マジで?」「ヤバい」「アガる」「どっか行こ」「めっちゃ◯◯」というフレーズが頻出している印象です。それだけでも十分会話が成り立っていそうです。もしかしたらカットされた部分で、環境問題や国際政治について論じ合っていたのかもしれませんが……。

「チルに持って行かれる」意味わかる?

 独特の国語力で印象的だったシーンを、最近の「TERRACE HOUSE OPENING NEW DOORS」編、「TOKYO 2019-2020」編からピックアップしてみます。

「花火とかイルミネーションとか紅葉とか、クソほど興味ない」

 かわいいけれど毒舌の女子大生、小室安未の放った一言は話題になりました。無敵な美人女子大生として「なんか変な豆入ってる」と、デート中に食べたカレーをディスったことも。しかし「クソほど」という表現は「クソ興味ない」と言うときより「クソ」の存在感が増してしまっています。

 強気の美女が次々登場する番組なので、ケンカシーンにも育ちや素が出るセリフが。

「被害者面が半端なくてダルい」というのは、フィットネストレーナーの莉咲子と女優の春花の口ゲンカで、莉咲子が放ったセリフ。「ダルい」の使用法の範囲の広さに驚かされます。「ダルい」を使いこなせるのは若さならではかもしれません。「ムカつく」の一段階弱い意味合いのようです。

「TOKYO 2019-2020」編には都会人ならではのワードも出てきます。「チルしよ」「チルってくる」というのは、まったりしよう、という意味でしょうか。

「チルに持って行かれる」は、「話の内容がない雰囲気になる」という意味で使われているようでした。慶應→パリに留学という経歴の香織のセリフでしたが、彼女など話の釣り合う相手がテラハ内にいなくてフラストレーションがたまっていそうです。

1/2ページ

最終更新:9/12(木) 15:47
女子SPA!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい