ここから本文です

落合博満のバッティングは誰もが見習うべきものだ【張本勲の喝!!】

9/13(金) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

二軍でくすぶっていた落合を引き上げる

バットを鞭のように扱うのは誰もができることではないが、右バッターであれば落合のステップとスタンスを見習ってほしい

 落合博満のバッティングを初めて見たのは彼のプロ2年目、私がロッテに移籍した1980年のことだった。プロ野球80年以上の歴史の中でも右バッターとしてはトップクラスの1人だが、このときからすでに才能の片りんを見せていた。

 当時の落合はまだ二軍でくすぶっていたが、その才能をいち早く見抜いていたのが高畠康真打撃コーチだ。「ファームにすごい選手がいるんです。一度、見てもらえませんか」と言うので、まだ二軍が練習している11時ころに川崎球場へ出向くと、確かに素晴らしいバッティングで打球がきれいに伸びていく。私は高畠に聞いた。「なぜ、こんなにいいバッターを一軍で使わないんだ」。すると高畠は、「監督が使わないんですよ」という。「よし、それなら私が言ってやる」となった。

 当時のロッテの監督は山内一弘さん。ロッテの前身である毎日・大毎での現役時代には首位打者と2度のホームラン王に輝いた大打者であり、内角打ちの名手でもあった。8歳年上ではあったが、私が東映時代はタイトル争いを繰り広げ、オールスターではクリーンアップを組み、打撃論もよく交わしていた。親しみを込めて「おじさん」と呼ばせてもらっていたくらいだ。

 山内さんは野球に対して本当に純粋な方だった。自分が生き残るために人を蹴落とそうだとか、誰かにお世辞を言って取り立ててもらおうだとか、そういったところが一切ないところも私は尊敬していた。だから当時は監督と選手という間柄だったが、ざっくらばらんに意見をぶつけることができた。

 山内さんが球場にやって来ると、私は「なんで落合を使わんのですか」と尋ねた。すると、「あかんあかん、あんなに・・・ 本文:2,529文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:9/13(金) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る