ここから本文です

地球を食べ尽くす前に、わたしたちは「食糧システム」を根本的に変えなくてはならない

9/13(金) 12:14配信

WIRED.jp

国際機関の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が、このほど危機感に満ちた報告書を公表した。それは生息環境の悪化や森林破壊、農業による土壌の疲弊など、土地利用を巡る問題に対処しない限り、人類は真の意味で気候変動に対処できないと訴えるものだった。

いま、バナナが絶滅の危機にひんしている

わたしたちは現在、氷で覆われていない土地のうち4分の3近くを利用している。また、温室効果ガスのうち37パーセントは、世界中の食料システムによって排出されているというのに、わたしたちはそこで生産した食料の4分の1を無駄にしている。

要するにわたしたちは、農作物の栽培方法と家畜の育て方を、根本的に見直さなくてはならないのだ。万能の方策など存在しないし、有望視されている解決策はどれも、気が狂いそうになるほど厄介な問題をはらんでいる。

しかし、より持続可能なかたちで人類を養う方法をみつけなければ、気候変動はこのまま加速を続け、十分な食料の生産はますます困難になる。食料システムは崩壊し、人類は死に絶えるだろう。

限られた土地、増える食肉需要

根本的な問題は、地球上の耕作可能な土地が限られていること、そして人口が爆発的に増加していることにある。また、社会的な視点から見れば好ましい傾向、つまり経済が急成長を遂げている中国などで、貧困層を脱して中流層に仲間入りする人が増えていることが、食肉の需要をさらに押し上げる結果となっている。

では、まずは食肉について考えてみよう。

言うまでもないが、食肉用の家畜を育てることは、地球にとってあまりいいことではない。動物の飼育には大量の飼料と水が必要になる。牛1頭は年間11,000ガロン(約4.2万リットル)の水を消費すると言われている。それに、牛のげっぷに含まれるメタンガスは、非常に強力な温室効果ガスだ。

世界各地の研究室では、畜産に代わる方法として、シャーレで肉の細胞を培養する取り組みが進んでいる。温度や酸素含有量などが制御されたバットの上で、メタンガスを出すことなく、牛の体内環境を再現しようとしているのだ。牧場で牛を育てるより、そのほうが地球にとってはるかにいい方法になると開発者たちは約束している。

だが、研究所で育てられた培養肉が、それなりの規模で家畜に取って代われるようになるのは、まだまだ先のことだ。培養肉を量産できるような、フル稼働できる施設はまだ存在しない。つまり、データが少ないため、工場式畜産と比べて培養肉の生産がよいのか悪いのか、正確にはわからないのだ。

「細胞を培養するには、酸素と熱、栄養を提供し、排出物などをすべて処理しなくてはなりません」と、カリフォルニア大学デイヴィス校の動物遺伝子学者アリソン・ヴァン=エエネナアンは言う。「そうしたプロセスすべてにコストがかかります。でも、牛は自ら体温を維持し、排泄物を出しています」

1/4ページ

最終更新:9/13(金) 12:14
WIRED.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事