ここから本文です

踏切事故どう防ぐ?知っておきたい踏切トラブルの解決策とは

9/13(金) 6:50配信

Auto Messe Web

覚えてる? 踏切を通過する前のルールと心得

 線路を横断するための「踏切」。基本的に、踏切を新設することは少なくなっているが、列車と車両が交差するポイントだけに事故が起きてしまうと大きな被害が発生するのは言うまでもない。

商店街近くの踏切は歩行者がたくさんいることもあるので十分な注意が必要

 周知のとおり、車両が踏切を通る場合は、道路交通法にて一時停止することが決められている。そもそも警報音もなく踏切が空いてる状態、すなわち電車通過の心配がないにも関わらず、なぜ自動車は一時停止しなければならないのだろうか。

 それは、左右確認だけでは事足りないからだ。道路交通法でも、一部の例外を除いて踏切前での一時停止は“安全確認のため“と明記されているが、踏切の場合は確認すべき要素がいくつもある。

 まず、窓を空けて左右から列車が来ていないかを“目視と音で確認“するのが第一だが、さらに踏切を渡りきったところにスペースがあるかを確認しなくてはいけない。

 たとえば渋滞しているような状況で、列車は来ていないが踏切の先が混んでいる場合。そのまま踏切に進入すると渡れないまま遮断機が降りてくる可能性が生じ、最悪のケースでは列車と衝突してしまう。

 信号機のついた踏切の場合では、青信号ならば道路交通法で一時停止しなくてもいい例外はあるといえ、渡った先に自車のスペースがあるかどうかといった安全確認は必要だ。

線路沿いの道からの右折は危険がいっぱい

 そういう意味では線路沿いの道から右左折で踏切を渡るときは、より注意が必要。曲がるわけだから、踏切の先がどうなっているのかが確認しづらい。さらに右折であれば対向車も確認しなくてはならない。対向車が気を遣って「お先にどうぞ」とばかりにジェスチャーをしてくれたからといって曲がったはいいものの、踏切の先が渋滞していて渡り切れないというケースも考えられる。

駅近くの踏切では歩行者の動きに注意

 渡った先の確認という点では、駅に近い踏切も要注意の場所。駅周辺は歩行者が多く、踏切の先で突然歩行者が横断するケースもある。急いで渡ろうとして歩行者と事故を起こしてしまうこともあれば、歩行者を避けて停止したら遮断機が降りてきたというケースも考えられる。歩行者の動きは読みづらい部分もあるが、注意が必要だ。

 また、踏切を渡るのはクルマだけではない。歩行者や自転車も同時に渡ることになる。雨で線路が濡れていたりすると、転んだりするケースも増える。当然、踏切内での接触は、さらに大事故につながってしまう。お互いの立場で、余裕を持った横断を心掛けたい。

 特殊なケースとしては、踏切通過時のスタック。極端なローダウン車でなければ関係ないだろうが、踏切の段差に車底が当たってしまい動けなくなることもある。そうしたクルマでは対向車が来ないことを確認して斜めに進入するといった工夫が必要だったりするのだ。

 他にもAT車全盛なので踏切内でのエンストは少ないだろうが、MT車ではエンストのリスクを減らすために踏切内ではシフトチェンジをせずに、発進した低速ギアのまま通過するようにしたい。

1/2ページ

最終更新:9/13(金) 6:50
Auto Messe Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事