ここから本文です

「カガワは本当に良い」「優れたクオリティーを持っている」サラゴサの若手FWが香川真司を絶賛!

9/13(金) 5:30配信

SOCCER DIGEST Web

“トリデンテ”を組んで上々の結果を残す

 今シーズンに7年ぶりのラ・リーガ昇格を目指すレアル・サラゴサは、その大願を成就させるために攻撃陣へのテコ入れを敢行。新たに迎え入れられたのが、日本代表MFの香川真司とガーナ人FWのラファエル・ドゥワメナ、そしてコロンビア人FWのルイス・スアレスだった。

【PHOTO】久保建英、中島翔哉、香川真司etc…2019年夏に欧州で新天地を求めたサムライたち

 4-3-1-2の布陣でトップ下に香川が入り、2トップをドゥワメナとスアレスが組むという“トリデンテ”がもたらす成果は上々だ。開幕から4試合を消化して3人で5ゴールを挙げ、チームも3勝1分けと好スタートを切っている。

 実際にプレーする選手たちも手応えを口にしている。地元紙『Heraldo』の取材で「結果には満足しているよ」と語ったのは、チーム最多の3ゴールをマークしているスアレスだ。

「僕らがマッチするのは時間の問題だった。カガワとドゥワメナの可能性は誰もが知るところだし、少し我慢さえしていれば、やれると思っていたよ」

 さらに21歳のストライカーは、コンビを組む2人についてこう語っている。

「カガワとドゥワメナは最高だ。シンジはブンデスリーガとプレミアリーグでプレーしていたから優れたクオリティーを持っている。それとドゥワメナは獣だ。彼にボールを預けたら安全なんだ。彼らは本当に良い選手たちだと思う」

 さらに「僕は世界最高の選手の一人になるために働いている。平凡な選手になるつもりはない」と野心を剥き出しにしたスアレスは、「サラゴサと一緒にプリメーラ(1部)に上がりたい」とも誓っている。

 やる気を漲らせるスアレスも含めた3人の連係が深まってくれば、必然的に香川も決定機に恵まれる場面が増えてくるはず。今後もアラゴンの古豪を支えるトリデンテのパフォーマンスに注目したい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:9/13(金) 5:30
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事