ここから本文です

演劇界の頂点に上り詰めたアンバー・ライリー。【「glee/グリー」のキャストは今】

9/13(金) 20:51配信

VOGUE JAPAN

今週はディアナ・アグロンやコード・オーバーストリートなど、ドラマ「glee/グリー」でブレイクしたキャストの現在をお届け。シリーズ第5弾では、メルセデス・ジョーンズ役のアンバー・ライリーについて。彼女のパワフルで情感豊かな歌声と演技は、イギリスでも高い評価を受けていた。

グリークラブきってのパワーボーカリスト、メルセデス・ジョーンズを演じたアンバー・ライリー。ディーバらしい堂々とした存在感が印象的だった彼女はドラマ終了後、「オズの魔法使い」をもとにしたミュージカル『ザ・ウィズ』のTV版生番組「ザ・ウィズ・ライヴ!」(15)に北の良い魔女役で出演する。続いて、ロンドン・ウェストエンドのサヴォイ劇場でのミュージカル『ドリームガールズ』公演のエフィ役に抜擢された。

ビヨンセ主演の映画版でエフィを演じたジェニファー・ハドソンは、アカデミー賞助演女優賞に輝いたが、この役でアンバーは英国演劇界最大の賞であるローレンス・オリヴィエ賞のミュージカル部門最優秀女優賞を獲得。名実ともにトップの座についた彼女は2017年、英国のミュージカルスター、ビヴァリー・ナイトとキャシディ・ジャンソンとともに「リーディング・レディース(Leading Ladies)」というスーパーグループを結成する。

「One NIght Only」や「Memory」など、ミュージカルの名曲を集めたアルバム『Songs from the Stage』をリリースし、王室メンバーが列席することでも知られるチャリティイベントのロイヤル・バラエティ・パフォーマンスに出演した。

シンガーとしても成功を収めたライリーは、今月末からブロードウェイで幕を開ける『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』に出演予定だ。

最終更新:9/13(金) 20:51
VOGUE JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事