ここから本文です

アラフォーになって「なんだか私のアゴ、四角くくなってない?」

9/13(金) 20:02配信

集英社ハピプラニュース

顔下半身の筋肉の硬さ&ゆるみが四角アゴの元凶だった!!

鏡を見て、写真を見てふと感じる“アゴの四角化”現象。アラフォーは顔型に関係なく、アゴの形が変化するお年ごろ。実はこれこそ明らかなエイジングサイン。アゴがいかつくなる前に、早急に手を打つべし

【写真】アラフォーからのエイジングケアをまとめてチェック!

はっきりと自覚はなくても、薄々アゴの四角化を感じている人が半数以上。アゴが四角くなることで「男顔化」「オバさん化」という恐ろしい未来が待ち受けているのだから、今こそ自覚をもって早めのケアが肝要! !

エステティシャン 村木宏衣さん
サロン「Amazing beauty」主宰。若返りをかなえる独自の「村木式 整筋」メソッドを確立し、多くの女性から支持を集める

年齢とともになんとなく四角くなってきてるように感じるアゴ。これって気のせい? 独自の若返りメソッドで多くの女性の肌悩みを解決してきているエステティシャンの村木宏衣さんにお話をうかがった。
「アゴまわりの変化は目もとなどのエイジングサインに比べてわかりにくく見落としがち。でも、アゴの印象で年齢を感じさせてしまうのは事実です。自分の顔は正面から見ることが多いためにそれほど感じないという人も多いようですが、横顔を見ることができる他人にはばっちりわかってしまうもの。そして、四角くなったアゴでその人の“老け”を判断します」

 ということは、やはりアゴが四角くなるのはエイジングサイン?
「もちろんそうです。その原因は、コラーゲンの減少や顔の脂肪の低下、姿勢やふだんのクセ、食いしばりなどが考えられます。しかし、その元凶となるのは“筋肉の硬さ”。筋肉の老化は20代以降に始まり、筋線維が硬く縮まります。さらに追いうちをかけるのが長年の生活習慣や体の使い方によるクセ。筋肉は使いすぎても使わなすぎても硬く収縮しますが、これが骨を引っぱって顔を歪ませてしまいます。さらに、めぐりが悪くなるため老廃物がたまり、これを収縮した筋肉が支えきれずにエイジングサインとなって現れるのです」

 特に現代人は前のめりの姿勢になりやすく、首が縮んで周囲の筋肉が緊張することで口角が下がり、二重アゴやたるみの原因に。さらに筋肉が衰えると、口角の筋肉が持ち上げられずへの字口やモタつきに。「まずは、自分が筋肉のこわばりタイプなのか、衰えタイプなのか、見極めることが大切です」

まずはチェックリストで自分のタイプを見極めて!

アラフォーのアゴの形状変化、2大原因は、
筋肉の“こわばり”と“衰え”だった!

あなたはどちらのタイプ?

or ?



取材・文/小田ユイコ 構成/原 千乃

最終更新:9/13(金) 20:02
集英社ハピプラニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事