ここから本文です

【ベースメイク】肌の欠点もカバー! 下地やコンシーラーを駆使した「色っぽつや肌」の作り方

9/13(金) 20:11配信

集英社ハピプラニュース

なりたい肌が手に入る! ベースメイク3点セットを伝授

ヘア&メイクアップアーティストのpaku☆chanさんが、欲しい肌の印象に近づく最適アイテムをお見立て! 理想の肌を狙い撃ちしても、日によって肌を着替えてもOK。ベストな3アイテムでかなえる選び方と塗り方を伝授します。

【写真】「毛穴レス肌」も手に入るベースメイクをもっと見る

ポイントは「つやを仕込むタッピング塗り」!

ほおや目まわりに“魅せるつや”、顔全体には“仕込むつや”を使い分け。軽くたたき込んで塗るほどにつやが増すタッピングテクニックが欠かせない!

ワンピース¥12000/豊島(レルディ) イヤカフ(上)¥1600・イヤカフ(下)¥980/サンポークリエイト(アネモネ)

「色っぽつや肌」になれる3点セット

1、繊細にパールがきらめく美容液下地。みずみずしくなじみながら光を集めて、品のあるつや肌に。
ジルスチュアート イルミネイティング セラムプライマー 01 SPF20・PA++ 30mL¥3200/ジルスチュアート ビューティ

2、5種の美肌オイルをブレンドし、洗練されたつや肌に導くクリームファンデーション。
RMK クリーミィファンデーション EX SPF21・PA++(全7色、104のみSPF21・PA+++、9/6発売)30g¥5500/RMK Division

3、筆タイプでつやを与えながら欠点をカバーしてくれるコンシーラー。
ラディアント タッチ 1¥5000/イヴ・サンローラン ボーテ

「色っぽつや肌」メイクのやり方

1.ハイライト下地をゴーグルゾーン(ほおの高い位置、鼻根、眉上まで)になじませる

2.クリームファンデーションを両ほおにそれぞれ4点置きし、薬指で軽くたたき込んで塗る

3.ある程度たたき込んだら、境目を何もついていない中指でなじませてムラ塗りを防ぐ

4.おでこ、鼻、口もとにも、薬指でたたき込んで塗り、中指でなじませるのを繰り返す

5.テカって見せたくないTゾーンやフェイスラインは、指をすべらせるスライド塗りを

6.仕上げにハンドプレスでムラをなじませる&肌にしっかり密着させてヨレを防ぐ

7.つや肌にはコンシーラーもつやを出せるリキッドタイプを選んで。肌質感を統一させる

8.くすんでいるとつや肌も台なし! ブラシコンシーラーで目の下などを明るくカバー

【教えてくれたのはこの方!】paku☆chanさん

超人気ヘア&メイクアップアーティスト。多くの著名人から指名される一方、毎日実践しやすい簡単で論理的なメイク提案も大人気!

撮影/嶌原佑矢(人物) さとうしんすけ(製品) ヘア&メイク/paku☆chan(Three PEACE) モデル/井桁弘恵 スタイリスト/辻村真理

最終更新:9/13(金) 20:11
集英社ハピプラニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事