ここから本文です

とろサーモン久保田、営業ライブの収益400万は「どこいった?」

9/13(金) 20:10配信

SmartFLASH

 9月10日放送の『アッパレやってまーす!』(MBSラジオ)で、とろサーモンの久保田かずのぶが、怒りの告発を行った。

 吉本興業所属の久保田だが、ギャラの配分に不満があり、「最近もそうですけども、ある営業(ライブ)に行きました。(客は)1人4000円で、1300人キャパで満席。ざっと計算したら520万」と説明。

「私たちのギャラは大体、約30万ぐらい」と明かし、スタッフの人件費などを引いても「まだ400万円以上あるかなと思うんですね。じゃあ、そのお金、どこへ行ったんだ?」

 どうにも納得がいかず、「結局、明確にはしてもらえないから、話をしたい」と明かした。
 スピードワゴンの小沢一敬は、「吉本をフォローするわけじゃないけど、会場借りるのが、けっこうお金かかるんだよ」と諭す。

 久保田は「わかってます。『会館のこともあるんじゃないの?』って、めちゃくちゃいい質問です」と語り、すでに会場の費用などもリサーチ済みだという。続けて「夜間で借りるの13万円です。楽屋代は1部屋5000円で、10室あっても5万です。(合わせて)18万、引いてください。これでもまだ400万残ります。じゃあ、どこに行ったんですか? 全部吸い取られるの、どこですか?」と、とことん納得がいかない様子だった。

 久保田は昨年、『M-1グランプリ』終了後、審査員の上沼恵美子への発言で、炎上する事態となった。その件については、「めちゃくちゃそれは、反省してる。何キロもやせた」と慚愧に堪えない様子。だが、今年噴出した吉本の問題と比べると「俺のアレ、薄ない? なんであんな燃えたん?」と疑問視していた。

 小沢は「法には触れてないっていうね。でも、それは考え方が違って、女性に対して、目上の人に言っちゃいけないことを言ったっていうのはあるかもね」と正論を述べると、久保田は「もう反省しかないですね」と大人しくなっていた。

 吉本は9月2日に行った経営アドバイザリー委員会の第3回会合を受けて、報酬の取り分を開示する方針を明かしている。営業ライブなどの場合も、経費などを差し引いた利益が芸人に開示されるのか注目だ。

最終更新:9/13(金) 20:23
SmartFLASH

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事