ここから本文です

モテ髪師 大悟『モテたいなら空気を読むな、〇〇を読め!』

9/13(金) 21:20配信

with online

突然会話の流れを乱す人、いませんか?

ぐっちょりーす!モテ髪師 大悟です。

友人たち数人と会話が盛り上がっている時、何かの拍子に突然その場の雰囲気が変わってしまうことってありませんか?「え!今の、その流れじゃなくない?」って経験をしたこと、今までにありませんか?話は途切れてしまうし、なんだかきまずい感じになるし。この場合、いわゆる「あいつ、空気読めないよね」と一般的には思うはずなのですが、僕は空気を読めないっていうよりは、流れが読めてない!ってほうが正しいと思ってるんです。

【モテ髪師 大悟のモテ格言】一覧はこちら

「空気を読め」という言葉がかつて流行りましたが、僕は「流れ」を読めた方がいいと思うんです。その方が男女問わずモテると思っています!その「流れ」ってなに?っていうのを、今回は説明していきたいと思います。

「流れ」を読めるようになりたいなら、お笑い番組を見ろ!

では、さっそく「流れ」の説明をしていきたいと思います。僕が流れを読むのが上手だな~って思っているのは、アンタッチャブルのザキヤマさんこと、山崎弘也さん。ザキヤマさんがバラエティ番組に出ているときを想像してほしいのですが、彼ってあえて空気は読んでないけど、流れはきちんと読んで発言をしているんです。

空気を読んだ発言をするんじゃなくて、一連の流れに沿った発言をする。だからこそおもしろいし、世間からも愛されるキャラクターなんだと僕は思っています。

これって日常でもまったく同じなんです。空気を読めることって仕事をする上や、友達同士との関係維持のために重要なことだと思っています。それができることは、人に好かれる一つの要素だとも思っています。だけど、それ以上に意識してほしいのが「流れ」なんです。話の流れで、次の展開はこう!と思っているときに、突如としてトンチンカンなことを言う人は「ちょっと違うな」と周りから思われてしまっているはず。

流れが読めないってつまり、川の流れに逆らって泳いでいるようなものなので、自分自身も疲れていってしまうと思うんですよね……。

1/2ページ

最終更新:9/13(金) 21:20
with online

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事