ここから本文です

ヒカキン&セイキン、本日『Mステ』出演! 披露する楽曲「今」に込められた思いとは?

9/13(金) 17:20配信

リアルサウンド

 人気YouTuberのヒカキンとセイキンが本日9月13日、19時55分から放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日)に出演する。11日、ふたりが『ハイテンションでMステ出ますwww』と題した動画で意気込みを伝えた。

【写真】はじめしゃちょーから「一億円企画」を提案されるヒカキン

 冒頭、放送の告知とともに「8時からじゃ遅いから、『クレヨンしんちゃん』から観てよ!」とヒカキン。披露する楽曲は、2018年11月にMVが公開された「今」のスペシャルバージョンだという。セイキンは「いつもの原曲とは違います!」と自信たっぷりの笑顔だ。その後、ふたりは、IZ*ONE、あいみょん、AKB48、A.B.C-Z、ジェジュン、GENERATIONS、Perfume、矢井田瞳、Little Glee Monsterと、出演アーティストをハイテンションで紹介。豪華出演陣との共演をよろこんだ。

 ヒカキン&セイキンの『Mステ』出演は、今回で4度目だ。2017年から2年連続で特番『Mステ スーパーライブ』に出演しており、以前も動画で、オファーを抱き合って喜び、「出演のたびに、『Mステ』仕様のティッシュをもらってきている」と楽しそうに明かしていた。

 さて、今回披露される「今」だが、現在、YouTube上で約2750万再生を記録している、ファンにはおなじみの人気曲だ。「YouTube テーマソング」「雑草」に続き、セイキンが作詞作曲を手掛け、ふたりの盟友で、音楽プロデューサーのTeddyLoidが編曲・サウンドプロデュースを担当。いつでも本気の“今”を積み上げることで、日本に前例のなかった「YouTuber」という生き方を開拓してきた2人が、過去にとらわれず、未来に怯えずに、ただ一心に今というときを大切にすることを歌った、力強いメッセージソングだ。

 オリジナル版は尺八や三味線など、和のテイストが印象的なサウンドだが、今回は「スペシャルバージョン」として、どうアレンジされるのか。ヒカキンのテレビ出演はいまや珍しいことではなくなったが、「ヒューマンビートボックス」をきっかけに大ブレイクした経緯からも、音楽番組には特別な思い入れがあるだろう。思いのこもった2人の歌唱に注目しよう。

リアルサウンド編集部

最終更新:9/13(金) 17:20
リアルサウンド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい