ここから本文です

EU離脱が目前に迫る 決められない政治、試される英国民

9/13(金) 18:00配信 有料

週刊東洋経済

(写真:週刊東洋経済)

<2019年9月21日号> 英国のEU(欧州連合)離脱の期限(10月31日)まで2カ月を切った現在、政治が揺れている。メイ首相の後を受けたボリス・ジョンソン新首相は、EU離脱の強硬派として知られるが、就任後の国会で早くも大きな壁に直面した。9月上旬に、下院は合意なき離脱を政府に許さない法案を可決。さらに、離脱時期を来年1月末に延期する動議も可決した。保守党からの造反者21人が賛成に回ったからである。 本文:1,234文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込55

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

苅谷 剛彦 :英オックスフォード大学教授

最終更新:9/13(金) 18:00
週刊東洋経済

おすすめの有料記事

もっと見る