ここから本文です

【J1展望】大分×湘南|3戦連続無得点の大分…。攻撃陣が好調の湘南を相手にどう立ち向かうか?

9/13(金) 17:30配信

SOCCER DIGEST Web

大分――前線の組み合わせとオプションは増えたが…

J1リーグ26節
大分トリニータ - 湘南ベルマーレ
9月14日(土)/18:00/大分市営陸上競技場
 
大分トリニータ
今季成績(25節終了時):8位 勝点36 9勝9分7敗 27得点・23失点
 
【最新チーム事情】
●6試合未勝利、3試合連続無得点
●代表戦で負傷した岩田、ティティパンが離脱
●ラグビーワールドカップのためホームスタジアムが2試合変更
 
【担当記者の視点】
 代表戦によるリーグ2週間の中断を活用し、最初の1週間はコンディション調整に充て、残りの時間を湘南対策に時間を割いた。3試合連続無得点だが、片野坂監督は「チャンスは作れている。あとは決め切るかどうか」と悲壮感はない。長期離脱の伊佐が前節の松本戦で復帰し、切り札となり得る小林成も試合に使える目処が立ち、前線の組み合わせとオプションは増えた。
 
 ただ、代表に招集された岩田とティティパンが負傷して帰国。前線の駒は揃っているが、最終ラインの岩田の穴を埋める作業は難しい。ウイングバックの松本との連携で右サイドを崩す攻撃が大分の持ち味なだけに、岩田の離脱は攻撃のパワーダウンに繋がりかねない。代役となる岡野の守備力は安定しており、攻撃で積み上げた成果を発揮できれば、チームの新たな武器となる。

【サポーター必見】カメラマンが厳選するJ1第25節の"ベストショット"ギャラリー!

湘南――着実に育んでいる攻撃力をゴールに結びつけられるか

J1リーグ26節
大分トリニータ ― 湘南ベルマーレ
9月14日(土)/18:00/大分市営陸上競技場
 
湘南ベルマーレ
今季成績(25節終了時):10位 勝点31 9勝4分12敗 35得点・41失点
 
【最新チーム事情】
●前節の浦和戦は1-1のドローも、相手を上回るチャンスを創出。
●U-22日本代表の齊藤と杉岡、U-18日本代表の柴田が合流。
●2019シーズンユニホームパートナー(鎖骨)に「アンリツ株式会社」が新規決定。
●オフィシャルクラブパートナー「日本端子株式会社」の追加支援が決定。
 
【担当記者の視点】
 前節の浦和戦は開始早々に失点するも、以降は主導権を握った。それでもなかなかゴールには届かなかったが、迎えたゲーム終盤、梅崎が自ら取ったPKを沈め、勝点1を分け合った。この試合でも幾度もチャンスを演出したように、攻撃力は安定して発揮されている。それだけに、攻撃的な姿勢をそのままに先制点を奪い、勝利の確率をより高めたい。

 大分との戦績をひもとくと、片野坂監督が就任して以降、J2での対戦を含めて1分2敗と勝利がなく、得点も3試合とも奪えていない。いずれも内容は悪くないだけに、今節は要所を抑えながら、着実に育んでいる攻撃力をゴールに結びたい。

 年代別代表に選出されたメンバーも合流し、チーム内の競争力の高まりとともに、誰がスタメンに名を連ねるかも楽しみな一戦だ。

最終更新:9/13(金) 17:30
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事