ここから本文です

渋野日向子の快挙はタイガー級!? 英識者が今なお絶賛「メディアで報道するに値する」

9/13(金) 16:33配信

THE ANSWER

英メディアで渋野を特集、ウッズのマスターズVに並ぶハイライトだと回想

 女子ゴルフの海外メジャー最終戦、全英女子オープンを制した渋野日向子(RSK山陽放送)。笑みを絶やさない姿が海外でも人気を集め、20歳は一躍スターダムへと駆け上がった。現在は国内メジャー第2戦「日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯」だが、英メディアでは改めて渋野が達成した快挙を特集。現地のコメンテーターは、男子のタイガー・ウッズ(米国)のマスターズVに匹敵する出来事だと高く評価している。

【画像】満面スマイルの渋野は白ブラウスで清楚に… 「最高に!皆様!綺麗」と反響、成田、青木らとの前夜祭のドレスアップ姿

 全英を制したスマイルシンデレラ。トレードマークの笑顔に加え、コース上ではお菓子をもぐもぐ。チャーミングな姿で海外メディア、ファンを虜にした。令和時代の新女王誕生を強く印象付けたが、快挙から1か月以上が経過した現地英国でも、未だ強く印象付けられているようだ。

 英ゴルフ専門メディア「golf365」ではスカイスポーツゴルフのコメンテーター、リチャード・カウフマン氏が渋野の優勝について、こう回想している。

「2019年にファンの心を最も掴んだハイライトは、タイガー・ウッズのマスターズ優勝だろうけれど、私は全英女子オープンが本当に信じられない(ほど素晴らしい)出来事だった」

 ウッズの復活Vはビッグニュースとなったが、カウフマン氏にとっては、それに匹敵するほどのインパクトがあったようだ。

「アイルランドでの全英オープンの雰囲気やシェーン・ローリーが優勝したファンタスティックな出来事と同じくらい、ウォーバーンでの全英女子オープンの後半9ホールが大好きだし、勝者にまつわるストーリーが本当に素晴らしかった」

 男子の全英オープンでは地元のローリーが劇的な優勝で注目を浴びた。そして同氏は渋野のバックナインでの見事なプレーと、その人柄についても絶賛している。

「男子のトーナメントは常に高い関心で…」

「ヒナコ・シブノの勝利はとにかくとてつもなく、そこには多くの素晴らしいストーリーがありこの取材を得ることに苦労したとしても、これらの素晴らしい女性競技者はメディアで報道するに値する」

 さらに同氏はゴルフ界における注目度の“男女差”についても言及。「男子のトーナメントは常に高い関心で、ほとんどの報道を受けているだろうが、私は全英女子オープンで優勝したシブノのストーリー全てが大好きで、彼女の成功すら知らなかった友人たちに話しているんだ」と話している。

 渋野の劇的な優勝の内容や人柄も含めたストーリーに、海外の識者も男子の劇的なドラマに匹敵するドラマ性があると一貫して高く評価している。

 渋野はこの日は国内メジャー第2戦「日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯」の予選ラウンド2日目に臨み、「75」で通算1オーバーと後退した。ツアー記録の連続でオーバーパーなしは「29」でストップしたが、決勝ラウンドには進出が濃厚。プレッシャーからも解放され、残り2日間での巻き返しに期待がかかる。

THE ANSWER編集部

最終更新:9/13(金) 16:33
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事