ここから本文です

BriseAudio、取り回しと音質のバランスを目指し新規開発したヘッドホンケーブル「MIKUMARI」

9/13(金) 10:00配信

PHILE WEB

BriseAudioは、ヘッドホン用アップグレードケーブル「MIKUMARI」を9月27日より発売する。価格はオープンだが、1.3mモデルが70,000円前後、2.5mモデルが84,000円前後での実売が予想される。

同社がこれまで手がけてきたケーブルのノウハウをもとに、一から開発を進めたというモデル。独自のシールド(7層構造)と制振構造、CNT(カーボンナノチューブ)を採用したノイズフロアの大幅な低減など、「より上質で高いレベルのリスニング体験を実現できる」とアピールする。

「BriseAudioケーブルの特徴である中高域の透明感と抜け、低域の厚みと帯域の伸びの両立」を目指して独自開発したというケーブルを採用。また、よりノイズに強い特性が得られる8芯構造を採用したうえで、独自の高音質化技術を新たに最適化して施工。取り回しの良さとの音質のバランスを図った。

そのサウンドについては、「上質で音数の多いモニター傾向を目指し、ソースに対して忠実で素直な音作り」であり、「特定帯域のピーク感や誇張した表現を極力排除し、ピラミッドバランスを目指した」と説明する。

導体には高機能高純度銅導体を、Dual Quad Spiral構造(4芯)で採用。絶縁体には特殊高機能樹脂を用いる。端子は5極4.4mm/4極2.5mm/3極3.5mm/6.3mm/4極XLR/3極XLRx2などをラインナップしている。

なお、9月15日にe☆イヤホン秋葉原店舗8FにてBriseAudio店頭試聴会を開催。その場でMIKUMARIの試聴ケーブルフルセットを試すことができるほか、当日に店頭ではイベント先行価格で予約が可能とのこと。

編集部:押野 由宇

最終更新:9/13(金) 10:00
PHILE WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事