ここから本文です

Aqours・小宮有紗、ドラマ「べしゃり暮らし」で衝撃のキスシーン!

9/13(金) 9:00配信

ザテレビジョン

声優ユニット・Aqoursのメンバーとしても活躍する小宮有紗が、ドラマ「べしゃり暮らし」(毎週土曜夜11:15-0:05、テレビ朝日系)に出演。

【写真を見る】ドラマ「サ道」では“サウナガール”を演じた小宮有紗

9月14日(土)放送の最終回で、衝撃のキスシーンを見せてくれる。

■ まさかの相手とのキスシーンには衝撃的な意味が…

Aqoursや声優の他、女優、DJとして活動する小宮。さらに、ダンスグループ・CYBER JAPAN DANCERS(サイバージャパン ダンサーズ)とのコラボグラビアでも大きな話題を呼ぶなど、注目を集めている。

その小宮が最終回で演じるのは、岡本美里というお笑い好きの女性。「漫才新人グランプリ」での優勝を目指し、1次予選に出場する圭右(間宮祥太朗)と辻本(渡辺大知)のコンビ・べしゃり暮らし。

美里は、出番を待つ辻本の前に現れ、彼がかつて静代(小芝風花)と組んでいたコンビ・SHIZU-JUNのころからずっとファンだったと話し、にこやかに握手を求める。辻本も、古くからのファンの応援に気を良くし、うれしそうに握手に応じる。

そして、いよいよべしゃり暮らしの出番に。だが、客席から2人の漫才を眺める美里の様子に異変が。それを目の当たりにした辻本も気が気ではなく、ネタに集中できない状況に陥ってしまう。

美里は、大切な大会に出場した圭右と辻本の“べしゃり”にも、大きな影響を与える重要な役どころ。そして、その後に待ち受けているのは、まさかの相手とのキスシーン。その美里のキスには、衝撃的な意味が含まれていた…。

■ ドラマ「べしゃり暮らし」最終回あらすじ(9月14日[土]放送)

お笑い養成所YCA入学後、子安(矢本悠馬)を交えトリオで活動してきた圭右(間宮)は、本来の持ち味である“しゃべり”を発揮できず、友情と芸との間で葛藤。

研究生ライブを最後に、“相方にはなれない”と子安に別れを告げた。再び辻本(渡辺)とのコンビに戻ったべしゃり暮らしは、芸人選抜クラスで芸を磨き、「漫才新人グランプリ」での優勝を目指す。

YCA講師から“セリフ覚えの悪さをアドリブでごまかしている”と指摘された圭右だったが、態度をあらためないまま漫才新人グランプリの1次予選に臨む。

その舞台で辻本は、昔からファンだったという美里(小宮)が客席で体調不良に陥るのを見て、激しく動揺。かろうじてネタはやり切るものの、圭右も自分の過信に気づかされることに。

2次予選で圭右は、アドリブを完全封印した。そのせいで持ち味を出せなかったことに辻本は不満を感じるが、圭右は“あれが1番いいんだよ。おまえだって、セリフ飛ばさなくてすんだ”と、互いの思いはかみ合わないまま。

ついに“お前が信じてくれるような相方になれなかった”と、辻本は圭右の元を去ってしまう。このまま圭右と辻本は解散してしまうのか…。(ザテレビジョン)

最終更新:9/13(金) 9:00
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事