ここから本文です

夏菜、高岡早紀主演ドラマで悲劇の女性役に!「新たな挑戦の気持ちです」

9/13(金) 18:00配信

ザテレビジョン

10月5日(土)スタートのオトナの土ドラ「リカ」(毎週土曜夜11:40-0:35、フジテレビ系)に、夏菜、徳永えり、柏原収史、西岡徳馬が出演することが分かった。

【写真を見る】高岡早紀演じる純愛モンスター・リカと対峙する千秋(夏菜)

純愛を貫くがゆえに狂気と化してしまう主人公・リカを高岡早紀が、リカのターゲットとなる大矢昌史役を小池徹平、第2のターゲットとなる本間隆雄役を大谷亮平が演じる本作。

原作は、第2回ホラーサスペンス大賞を受賞したベストセラー、五十嵐貴久の「リカ」シリーズで、「リハーサル」「リカ」の2冊を原作に、常軌を逸した女・リカが周囲を破滅に追い込んでいく戦慄のエピソードを2部構成でドラマ化する。

夏菜が演じるのは、第1部、2部を通して登場する物語のキーパーソンの一人で、純愛モンスター・リカに運命を大きく狂わされる悲劇の女性・丘留(金沢)千秋。

また、徳永は、自らの不倫をきっかけに、大谷演じる本間と別居し、ヨリを戻したいのに戻せないでいる妻・本間葉子を、柏原は、かつて警察で培った能力を駆使してリカを追跡する敏腕探偵・原田信也を演じる。

そして西岡は、小池演じる昌史の伯父であり、地域医療へ長年貢献してきた花山病院の院長・花山大次郎役を務める。

■ 夏菜コメント

台本を読み、最近のサスペンスドラマとはまた違った、ゾクゾクして鳥肌が立つような作品で面白いと思いました。リカが子どものようにコロコロと表情が変わっていく感じがとても怖いんです。

私が演じる丘留千秋については、うわさ好きで、SNSの“いいね”が好きで、今どきの現代主婦といった、大人になり切れていない女性と思ったのが第一印象です。

ただ、ドラマの中で千秋が一番視聴者の目線に近いキャラクターだと思っていて、特に第2部ではリカからの巻き込まれ方が壮絶なので、視聴者の方を巻き込んで一緒に楽しんでいただき、最後まで目が離せない存在になれたらいいなと思っています。

高岡早紀さんは、リカにぴったりと言うと失礼かも知れないですが、高岡さんでしか出せない表情があると思いました。高岡さんとは10代の時以来の共演で、その時と変わらずに本当に美しい方で、どこか羽の生えたようなふわったした雰囲気もずっと変わらず、おちゃめで可愛らしくて、 そしてどこか妖艶で。

でも、話すとサバサバしていて、やっぱりすてきな方だなというのをあらためて思います。

オトナの土ドラという、大人の視聴者層のドラマに出演するのは新鮮で、新たな挑戦の気持ちです。早く次の週になって欲しい! と思っていただけるような、ゾワっとして秋の夜長にピッタリな中毒性のあるドラマになってほしいです。

■ 第1部あらすじ

都内にある花山病院。 規模は小さいが、入院設備も整い地域医療を担っている。 そこに看護師として雨宮リカ(自称28・高岡)が採用された。

副院長で外科医の大矢昌史(34・小池)は、 優柔不断なところもあるが腕は確か。 将来を嘱望される病院のエースで婚約者もいる。 しかし、昌史はリカにとっての運命的な出会いをしてしまう。

そう、リカは「運命の相手」として、 昌史に目を付けて病院に入り込んだのだった。

すると、花山病院で不可解な事件が続く。 消えていく患者、看護師、医師たち… そして、昌史の婚約者にも伸びるリカの魔の手。 果たして、リカの狂った愛情の終末は…。

■ 第2部あらすじ

――3年後。

映画会社のプロデューサー・本間隆雄(40・大谷)は、 妻の浮気が原因で別居中、愛する7歳の一人娘とも離れて暮らしていた。

ある日、仕事上のリサーチのため「メールで文通ができるマッチングアプリ」 に登録する。 そこにハンドルネーム<リカ>を名乗る女性からメールが。

しばらく文通が続き、本間は仕事目的で<リカ>に会ってみようと提案する。 これが地獄への入り口、破滅の幕開けだった。

以来、本間の携帯には、おびただしい数のメール、着信が。 会社に自宅に、リカの執拗なストーキングが続く。本間の同僚、探偵、刑事、そして妻と娘と周囲を巻き込んだ壮絶なストーリーは、予想外の結末を迎えることになる。 (ザテレビジョン)

最終更新:9/13(金) 18:00
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事