ここから本文です

"奇跡の38歳"安達祐実が写真集『我我』を発売「こんな夫婦がいるという記録であり、証明になれば幸せ」

9/13(金) 13:00配信

週プレNEWS

9月14日(土)に38歳の誕生日を迎える俳優・安達祐実が、夫である写真家・桑島智輝撮影による写真集『我我(がが)』(青幻舎刊)を発売する。

2015年11月13日の結婚記念日から、長男の誕生を挟んだ3年間。呼吸するように撮った1万8500枚もの写真から、123枚を厳選して構成された小説のような一冊だ。

そして、彼女の誕生日である9月14日に発売される『週刊プレイボーイ39・40特大合併号』では、同じく桑島氏撮影による表紙、センターカラー16ページのグラビア「超私写真。」を掲載。

12歳から『週刊プレイボーイ』に登場して25年余り。"奇跡の38歳"として女性誌にも特集される今、いつかの少女は何を語るのか?

■時代を超えて、14回目の表紙登場
――ロケ中ずっと気になっていたのですが......髪の毛が青色じゃないですか。その心は?

安達 単純に染めたかっただけですよ(笑)。ひとつの役が終わると、髪型を変えたくなります。終わったぞって、わかりやすく自分に知らせるために。今、青というか紺色が好きなんです。服や雑貨もつい紺色をしたものに目がひかれてしまいます。

――ちょうど5年ぶりとなるグラビアはいかがでしたか?

安達 17歳で写真集を出させていただいてから、週プレさんとは節目節目でご一緒させてもらいました。またこうして北海道でロケができたのは幸せなことです。

――今回が通算14回目の表紙になります。90年代、00年代、10年代。平成のひと桁から令和まで。時代を超えて長いお付き合いになりました。

安達 そんなにやってますか?ちょっとビックリです。グラビアを本職としていない私なのに、どうして14回も? 不思議な縁を感じますね。

――安達さんにとって、グラビアはどんな場所ですか?

安達 時間の流れ方が特別なんです。写真家さんと向き合い、淡々と撮っていく。映像の世界とはまったく違うと思います。自分自身を表現するというより、確認するような感覚です。いまだに過去の撮影現場を思い出すことがあります。ロケ地の風景だったり、現場の空気感だったり。

――今回は夫である桑島智輝さんが撮影を担当されました。

安達 いつもの日常と同じ感覚で、カメラの前にただ立っているだけです。彼はどう考えていたんでしょうね? 事前にこんな感じで撮ろうとか、具体的な話はほとんどしなかったので。私としては日々、写真を撮られる流れと変わらないです。

――おふたりの出会いは、芸能生活30周年記念として制作された写真集『私生活』(集英社、2013年)にさかのぼります。

安達 今とはまったく違う自分が写っている。たまに見返すとそう感じます。あの頃、仕事がうまくいかないことが多くて、現状を打破しなきゃという焦りがありました。同時に、自暴自棄で諦めに似た感情に支配されて毎日を過ごしていました。でも......。

――写真を撮られることで?

安達 少しずつ考え方が変わっていきました。「生きなきゃ」って。あそこから、また新たな安達祐実をゼロから始められた気がします。

――『もののけ姫』が浮かびます。サンとアシタカみたいな。

安達 「生きろ」ですか(笑)。言葉が強いので大げさに聞こえるかもしれませんが、撮影を通して徐々に前向きな気持ちになれたのは確かです。

――『私生活』から6年がたった今はどうですか?

安達 俳優としては、とにかく自由なんです。お芝居でそれは違うと言われても、あぁそうですかって、ある程度はその場で修正できる余裕ができました。キャリアの長さや、38歳という年齢の影響もあるのかもしれません。とにかくマインドが自由で、だからこそ楽しく演じることができています。

――家庭では2児の母でもあります。

安達 ただただ子育ても楽しいです。仕事が前とは比べものにならないくらい忙しかったり、子供も大きいのと小さいので遊び方が違って大変だったり。時間的な余裕はありませんが、気持ちが疲れてないから"楽しい"が常に先にきます。仕事も子育ても、楽しいだけの毎日です。

――その自然体で楽しむ姿からか、女性誌に取り上げられる機会が増えましたね。

安達 メディアは良い部分を広げてくれますから(笑)。ありがたいことなんですが、毎食バランスを考えてご飯を作るとか、ちゃんと毎日掃除をするとか。いい母親を完璧にやれているわけではないのに......そう言いたくなることもありますね(笑)。

1/2ページ

最終更新:10/1(火) 16:57
週プレNEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい