ここから本文です

コロコロしたお月見団子を手作り ひと口サイズのかわいい和菓子

9/13(金) 15:00配信

CREA WEB

 今日はちょっと時間がある、という夜には、粉をこねるところからはじめる餃子づくり。

 粘土遊びのように無心になって楽しめて、意外と簡単。そして、もっちりした皮のおいしさは手づくりならでは。

 「按田餃子」の店主でもある料理家・按田優子さんの餃子レシピをご紹介。皮を手作りしたあと、その皮ごと楽しめる餃子を教えていただきました。

 2019年9月13日(金)は十五夜。

 お団子をお供えしてお月見をするなら、餃子の皮を使ったお団子で。

 十五夜を過ぎても美しい秋の月を眺めながらどうぞ。

「月見団子」のレシピ

■材料(10個分)
・ふかしいも(または焼きいも):50グラム・黒砂糖:大さじ1・薄力粉:小さじ1・皮:10枚■つくり方
(1) ふかしいもは10等分に切る。

(2) 黒砂糖と薄力粉を混ぜる。

(3) 皮に1と2の1/10量ずつのせ、団子状にまとめる。

(4) 鍋にたっぷりの湯を沸かし、3を入れる。浮き上がったら、さらに1分ゆでる。

(5) 湯をきり、器に盛る。

おしるこにアレンジ! 

お団子はおしるこの具にしても。市販のゆで小豆をあたため、お団子と、ふかした根菜、そしてミックスビーンズの缶詰で塩気を加えるのが按田さん流。

●教えてくれたのは……按田優子(あんだ ゆうこ)さん「按田餃子」店主。世界の保存食や発酵食品を研究する料理家。近年はペルーのアマゾンをたびたび訪問している。近著に『食べつなぐレシピ』(家の光協会)がある。

CREA編集部

最終更新:9/17(火) 12:25
CREA WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事