ここから本文です

野村克也が語る「岡本和真」

9/14(土) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

不朽の名言はタメができれば……

岡本は四番で使い続けるべきだ/写真=桜井ひとし

 7月、打率.256、2本塁打、9打点と下降気味だった巨人の岡本和真が、8月は打率.301、9本塁打、26打点とよみがえった。

 岡本は夏場でも食欲が落ちず、疲れ知らずの体質らしい。人が数字を落とすときに、上げてくる。これは成績を残す選手の特長だ。

 先日、岡本のバッティングを見たが、軸足側にタメた力を左足のカベにぶつけるイメージがしっかりできていた。

 われわれの時代の先輩たちは、よく言ったものだ。

「タメができれば、カネが貯まるぞ」

 これは、今なお名言だと思う。

 タメとカベは、爆発的な力をバットに伝えるために、必要なものだ。バッターはインパクトの瞬間に、最大級の力をボールに与えようとする。そのインパクトの直前、ほんの一瞬ブレーキがかかり、次の瞬間に爆発的な力が発揮される。その一瞬のブレーキをかけるための“力の支点”が、カベということだ。

 前足をステップし終えた瞬間=トップの状態を作るとき、岡本のような右バッターの場合は、左半身を意識してカベを作る。「カベが崩れない」=「理想的なトップの形がつくれている」という解釈でいい。

 一方、タメは軸足のヒザが開かない、頭がピッチャー側に倒れない、などカベが崩れないよう我慢することが重要となる。

「タメができれば、カネが貯まるぞ」とは、カベを作ることでスイング動作の中に一瞬のタメができ、バットのヘッドが走ってインパクトの瞬間、ボールに強い力が加わるということだ。

 岡本は7月、少々バットが遠回りすることもあったようだが、8月にはそれが改善された。

 岡本は巨人軍第89代の四番バッターなのだそうだ。そんな数字を数えている球団は、巨人ぐらいのものだろう。私は自分が南海の第何代か、聞いたこともない。

 人の顔のことを言えた義理ではないが、岡本も四番とは思えないような・・・ 本文:1,907文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込220

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:9/14(土) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る