ここから本文です

テイラー・スウィフトの完全招待制ライブに潜入してみた

9/14(土) 0:00配信

コスモポリタン

2019年9月9日、フランス・パリにてテイラー・スウィフトが完全招待制のスペシャルコンサート「City Of Lover」を開催しました。8月23日に発売されたばかりの最新アルバム『ラヴァー』のリリースをお祝いして世界中からファンやメディアが招待され、日本からはCOSMOPOLITANが独占でイベントに潜入! 現地からライブレポートをお届けします。

【写真】恋多きオンナ、テイラー・スウィフトの恋愛遍歴

「City Of Lover」コンサートの会場となったのは、パリ中心部に位置する老舗ミュージックホールのオランピア。ザ・ビートルズやマドンナなど、著名なアーティストが公演を行ったことのある歴史ある劇場なんだそう。入場順でスタンディングエリアに入れるとのことで、ベストスポットからテイラーを拝もうと、前夜から寝袋に入って並ぶファンの姿が。

会場に入ると、ピンク色に照らされた廊下を通ってライブホールへ向かいます。今回のイベントのスポンサーは、コンピュータ メーカーのレノボ。「愛する人・恋人」という意味を持つアルバムタイトルの『ラヴァー』にちなんで、大好きな人へのメッセージを綴ることのできるタブレットが用意されていました。私はもちろん、テイラーへの愛を込めたメッセージを記入!

ライブホールでは、主に1階のスタンディングエリアにファン、2階にインフルエンサーやメディア、関係者のための席が用意されていたよう。
また、2階席中心あたりにテイラーのパパ、スコットさんが座っているのを発見しました。ママのアンドレアさんはもちろん、ボーイフレンドで俳優のジョー・アルウィンもコンサートに駆けつけていたみたい。開演まで、テイラーの登場を今か今かと待ちわびるファンから、何度もテイラーコールが巻き起こります。

21時頃「ME!」のドラムのサウンドに合わせて、ついにテイラーが登場! 会場からは地響きのような大歓声が。「パリのみなさんこんばんは、はじめまして」とフランス語で挨拶をしてから「Blank Space」と「I Knew You Were Trouble」を続けて披露。このコンサートについて「2週間前にリリースしたアルバムのリリースパーティのようなもの」と笑顔で語ったテイラー。

1/2ページ

最終更新:9/14(土) 0:00
コスモポリタン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事