ここから本文です

ソロイストのダウンが話題独占──GQファッション・ディレクター森口とスタイリスト諸見里が2019年秋冬気になった洋服PART1

9/14(土) 9:10配信

GQ JAPAN

シーズン立ち上がり恒例! ファッション・ディレクター森口が展示会で気になったアイテムを紹介。今回は、沖縄県出身のスタイリスト、諸見里もセレクトに参加した。まずは洋服編の第1回。

【GQが気になった秋冬アイテムを写真で見る!】

左:デザイナーが徹底的に探求した 21世紀をサバイブするための服 ジャケット 626,900円、トップス 28,900円、パンツ 27,900円、ネックウォーマー 55,900円、靴 206,900円〈すべてTAKAHIROMIYASHITATheSoloist./タカヒロミヤシタザソロイスト.アオヤマ〉

現代を生き抜くための服とは─デザイナー、宮下貴裕が数年越しで向き合ってきた問いへの答えがこれだ。「ボディは50Dナイロンタフタ、中綿にプリマロフト。各パーツのファスナーを開放すればがらりと表情を変える。2019年秋冬で、スタイリストやオシャレ俳優らと一番話題になったのが、左のダウン」(森口)


右:秋冬の装いに、メリハリを与える ジャカードをまとったスーツ スーツ 160,000円〈CARUSO〉、シャツ 13,000円〈UNITED ARROWS〉、チーフ 6,500円〈Fratelli Luigi/以上すべてユナイテッドアローズ 原宿本店〉 タイ 14,000円〈Michael J. Drake/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〉、サングラス 39,000円〈GLOBE SPECS/グローブスペックス ストア〉、靴 80,000円〈Crockett & Jones for UNITED ARROWS/ユナイテッドアローズ 丸の内店〉

スーツを見繕う予定があるならば、右上のカルーゾを。「スーツには珍しいジャカードの生地が、沈みがちな秋冬の装いにメリハリを与えます」(諸見里)


■CHRISTIAN DADA
ベトナム戦争から帰還するアメリカ兵によってつくられたベトジャンがベース。背中にはダダイズム発祥のスイスの地図が描かれる。48,000円〈CHRISTIAN DADA/クリスチャン ダダ トウキョウ〉

■BROOKS BROTHERS RED FLEECE
バッファローチェックやフェアアイルなど“ならでは”の柄をパッチワーク。18,000円〈BROOKS BROTHERS RED FLEECE/ブルックス ブラザーズ ジャパン〉

文・竹川 圭 写真・小嶋晋介、長尾大悟

最終更新:9/14(土) 9:10
GQ JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事