ここから本文です

【風刺画コラム】アメリカ人労働者を搾取する中国人経営者

9/14(土) 15:20配信

ニューズウィーク日本版

<労働組合をつくろうとするアメリカ人従業員の動きを阻止――「アメリカよりももっと資本主義」な中国人>

問:資本主義社会で資本家はどうやって労働者を搾取する?

答:主に2つの手段で搾取する。1つは労働者を長時間働かせる。もう1つは生産方法の改善で労働時間を短縮し、その結果生じた余った時間にさらに働かせて搾取する。資本家は労働者に「もっと働きもっと利潤をよこせ」と要求する。

【韓国政治データ】文在寅大統領の過去2年(2017~19年)の支持率推移

「社会主義国」に生まれた中国人は、中学校に入ると誰でもこのマルクス経済学理論の授業を受け、資本主義の罪悪と社会主義の優位性を勉強する。無一文から億万長者になった曹徳旺(ツァオ・トーワン)率いる「福耀集団」は16年、オハイオ州にある閉鎖されたゼネラル・モーターズ(GM)工場に投資し、自動車用ガラス工場として再生した。1500人を超す失業者は再び工場に戻ることができた。しかしその後、曹ら中国人管理者とアメリカ人従業員の間にもめ事が始まった。

「怠け者で仕事の効率も悪い」と、アメリカ人従業員に対する中国人管理者の評価は低い。アメリカ人も「中国人は効率ばかり追求して安全ルールを全く無視している」と不満がある。実際、仕事量が増えると作業環境は悪くなった。あるベテラン従業員はGM時代の15年間ずっと無事故だったのが、福耀集団で働き始めるとすぐ作業中にケガをした。

アメリカ人は労働組合をつくろうとしたが曹は拒否した。組合をつくると労働者の権利に配慮せねばならず、効率がますます悪くなる。投資したこの工場が儲からなければ何の意味もない。「組合が欲しいのか仕事が欲しいのか」。失業を恐れるアメリカ人の半数以上が結局、組合より仕事を選んだ。

このもめ事はニューヨーク・タイムズ紙や中国中央電視台(CCTV)など米中のメディアが報じ、ネットフリックスもドキュメンタリー映画『アメリカンファクトリー』を制作した。今年の夏休み、米中貿易戦争の最中にこの番組は中国でも放送された。中学からマルクス経済学を勉強した中国人はそれを見て、ネットでこんな投稿を書いた。

「社会主義の中国は資本主義のアメリカよりもっと資本主義だ! マルクスがもし生きていたら、ぜひこの映画を見るべきだ。なんと皮肉なことだろう」

【ポイント】
要工会還是要工作?
「組合が欲しいのか仕事が欲しいのか」

福耀集団
英語名はFuyao Glass Industry Group。1987年に中国福建省で創業。CEOの曹徳旺は貧しい農家に生まれ、たばこ売りの行商から身を起こしてガラス工場の経営者として成功。自動車用ガラスなどを作る同社を設立した。

<本誌2019年9月17日号掲載>

ラージャオ(中国人風刺漫画家)/唐辛子(コラムニスト)

最終更新:9/14(土) 15:20
ニューズウィーク日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事