ここから本文です

7年の空白と2度の引退のあと、クライシュテルスが現役復帰を計画 [女子テニス]

9/14(土) 7:30配信

テニスマガジンONLINE

 2度目の現役引退をしたときから7年が経った今、キム・クライシュテルス(ベルギー)が36歳にしてまたもカムバックに挑戦しようとしている。

 元世界ランク1位で4度グランドスラム大会で優勝した実績を持ち、すでに国際テニスの殿堂入りを果たしているクライシュテルスは、2020年にプロツアーに復帰することを予定していると木曜日に発表した。

 とはいえ彼女には、それが正確にいつでどの大会からになるか、どのくらいの頻繁に大会に出るつもりかなど詳細を明かす準備はまだできていない。

「私の今の目標は、十分なフィットネスを取り戻してテニス面で準備ができている状態にし、ハイレベルで競うことができるようにすること。それが、今この瞬間の私にとってのチャレンジなの。そして、もしその段階に至ったなら、それからさらに自分を追い込んでいくわ。もしかすると、『グランドスラム大会の2週目にまで至れるか、様子を見てみましょう』という風になるかもしれない。自分がよりよくなれる、上達していると感じられるなら、私は一貫して自分の背中を押し続けるでしょうね」とクライシュテルスは抱負を述べた。

「でも今この時点で、『グランドスラム大会の準々決勝に進出できるよう努めたい』などと考えるのは難しいし、それは非現実的なことだと思う」と彼女は続けた。

「そんなふうには考えていないわ。なぜって、これからやらなければいけないことがどれほどあるか、私にはわかっているから」

 クライシュテルスは1997年にプロとなり、2005年のUSオープンでグランドスラム初タイトルを獲得。そして2007年に23歳の若さで引退し、アメリカのバスケットボール選手だったブライアン・リンチと結婚した。

 競技テニスから離れていた約2年の間に娘を出産したクライシュテルスは2009年にプロテニスツアーに復帰し、間もなく同年のUSオープンでふたたびタイトルを獲得。1980年ウインブルドンでのイボンヌ・グーラゴング(オーストラリア)以来となる、グランドスラム大会シングルスで優勝した『母』となった。

 並外れたコートカバリングの能力の上に築かれたベースラインゲームで、クライシュテルスは2010年にもUSオープンで栄冠に輝き、次のシーズンにはそれにオーストラリアン・オープンの優勝杯を加えてWTAランキングで首位に立った。

 今や三児の母となったクライシュテルスは2012年にふたたびツアーから去り、テレビ解説者として働いてきた。

「多くの女子選手が持つパワーと全体的レベルはおそらく過去より上がっているかもしれないし、一貫性や安定性のレベルでもより高いと思う」と彼女はコメントした。

「もし私がこれらの選手たちと競い合いたいというなら、私はこれまでになく自分のフィットネスレベルを上げなければならず、過去にやっていたように動けるようでなければいけない」

 彼女は本当に再復帰に挑戦すると決めたのはここ数週間だったとはいえ、カムバックの初期段階はここ6ヵ月の間にドキュメンタリーのクルーによって撮影されていたのだと明かした。

 WTAのルールは元グランドスラム大会優勝者である彼女に数の制限なくワイルドカード(主催者推薦枠)を受け取ることを許しており、30歳以上である彼女はいくつかの大会での出場義務を免除されている。

「自分がフルシーズンを戦うことはないということはわかっている。それには程遠いわ」とクライシュテルスは話し、1月に活動を開始できるよう準備をするつもりでいると言い添えた。

 子供たちが学校に通うようになったため、クライシュテルは日中に練習コートに戻ることできるようになったのだと明かした。

「私は今、ときに自分の時間を見つけ、自分の情熱を見つけ、情熱のために生きながら、同時に母であることのバランスを保つのに苦労している女性の友人たちがいる。私は、『自分も同じだわ』というふうに感じているわ。私は今、36歳。4年後には、もうこんな挑戦をすることはできなくなるだろうと分かっている」と彼女は語った。

「私は常に、自分の本能に従ってきた。私はまだ若かったときに最初の娘を生むために引退した。それを今やるというのは、私にとって挑戦よ。私は挑戦が大好きなの。そして挑戦を恐れてはいないわ」

(APライター◎ハワード・フェンドリック/構成◎テニスマガジン)

LONDON, ENGLAND - MAY 19: Kim Clijsters of Belgium smiles during the mixed doubles match between John McEnroe of the United States and his partner Kim Clijsters of Belgium and Martina Navratilova of the United States and Jamie Murray of Great Britain during the Wimbledon No. 1 Court Celebration in support of the Wimbledon Foundation at All England Lawn Tennis and Croquet Club on May 19, 2019 in London, England. (Photo by Dan Istitene/Getty Images)

最終更新:9/14(土) 7:30
テニスマガジンONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事