ここから本文です

iPhone 11シリーズの革新的な能力、その“秘密”が「小さなチップ」に隠されている

9/14(土) 12:09配信

WIRED.jp

毎年この時期の恒例となったアップルの発表会では、いくつもの“想定内”の製品やサーヴィスが発表された。さまざまな新機能を備えたカメラを搭載した新型「iPhone」、画面が常時表示になった新型「Apple Watch」、そしてゲームや映像コンテンツを非常に手ごろな価格で楽しめるサブスクリプションサーヴィスである。

「iPhone 11」シリーズ、その真価はカメラにあり

ところが、おそらくアップルのハードウェアにおいて最も重要な新しい技術については、スライドで簡単に表示されただけで脚光を浴びることはなかった。

今回発表された「iPhone 11」シリーズの3モデルには、アップルの新型チップ「U1」が初めて搭載されている。このU1チップは超広帯域無線(UWB)の空間認識機能を活用することで、近くにあるデヴァイス同士が互いの位置を特定することができる。言ってみれば、強化版のBluetoothのようなものだ。

これまでアップルは、U1チップを「AirDrop」のファイル共有を改善する技術として売り込んできた。ところが、まもなく一般公開される「iOS 13.1」で、方針転換が示される見通しとなっている。そして、その長期的なインパクトは計り知れない。

いくつかの重要な利点

UWBは、まったくの新技術というわけではない。実のところ数十年前からある技術で、米連邦通信委員会(FCC)は2002年に、UWBを利用したマーケティングとその運用を初めて承認している。

しかしその用途は、これまで主に産業用に限られてきた。例えば小規模な倉庫や工場では、製品やフォークリフトにUWBタグを付けて管理することができる。

同じようなことなら、Bluetooth Low Energy(BLE)やWi-Fiなどでも実現できる。だがUWBには、これらと比べていくつかの重要な利点がある。

まず第一に精度が高く、空間内にある物体の位置を誤差30cmで特定できる。これとは対照的に、いまのBluetoothデヴァイスの精度は約1mだ。ハードウェアが最新のBluetooth 5.1に対応すれば改善されるが、現時点ではUWBの精度は桁違いと言っていい。

それにUWBはデータ転送速度が高速で、Bluetoothの約4倍も速い8メガビット/秒となる。さらに広い周波数帯域で動作するため、高周波(RF)を利用するWi-Fiなどの技術と比べて容易に壁を通過できる。100ミリ秒ごとに更新した位置情報を提供できるうえ、Wi-Fiを含むほかの主要な無線と干渉することもない。

1/3ページ

最終更新:9/14(土) 12:09
WIRED.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事