ここから本文です

【KNOCK OUT】橋本悟vs鈴木千裕のKO決着必至の一戦がメイン、ぱんちゃん璃奈vsMIREYは第4試合=全対戦カード&試合順決定

9/14(土) 12:47配信

ゴング格闘技

2019年10月4日(金)東京・後楽園ホールで開催されるKNOCK OUTとREBELSの合同興行『K.O × REBELS』の全対戦カードと試合順が発表された。

【写真】パワフルな王者に挑むぱんちゃん璃奈

 メインイベント(第8試合)は既報通り、橋本悟(橋本道場)vs鈴木千裕(クロスポイント吉祥寺)の一戦に。

 橋本は“激闘大魔神”の異名を持つアグレッシブファイターで、右ストレートを武器に様々な団体で活躍。MuayThaiOpenスーパーライト級王座、INNOVATIONライト級王座の二冠を持ち、戦績は19勝(10KO)15敗3分。

 鈴木はREBELS-60kg王者・鈴木宙樹の弟で、元々はMMAファイターとしてパンクラス・ネオブラッド・トーナメント2018フライ級(56.7kg)で優勝。8月10日のレベルスでキックボクシングの試合に臨み、パワフルなパンチで初回TKO勝ちを飾った。

 橋本は「バチバチにいつも通りやって盛り上げたいと思います。次、倒したら3連続KOです」、鈴木は「なんならノーガードで打ち合いたいくらいです。1Rからぶっ倒しに行きます」と、それぞれ激闘を予告している。

 記者会見では橋本が「3Rでヒジなしは鈴木選手の要望かな? KNOCK OUTはずっとヒジあり5Rを売りにしてやってきたので、それを今回メインで3Rヒジなしは違うんじゃないかなって。そこはどう思っているのか聞きたいですね。僕はヒジあり5Rが好きなので」と、ヒジ打ちありの3分5Rルールを要求し、鈴木が「橋本選手がそうおっしゃるならぜひやりましょうよ」と受けて立つ一幕もあったが、当初の発表通り64kg契約のREBELSルール(ヒジ打ちなし)3分3R・延長1Rで行われることになった。

 セミファイナルは57kg契約のKNOCK OUTルール3分5R、REBELS-MUAYTHAIフェザー級王者・安本晴翔(橋本道場)vs WBCムエタイ日本統一フェザー級王者・新人(E.S.G KICK BOXING GYM)の王者対決。第6試合には52kg契約のKNOCK OUTルール3分5R、ジャパンキックボクシング協会初代フライ級&スック・ワンキントーン初代スーパーフライ級王者・石川直樹(治政館)vs仲山大雅(RIOT GYM)の好カード。

 第5試合は52.5kg契約のKNOCK OUTルール3分3R・延長1Rで、濱田巧(team AKATSUKI)が大崎孔稀(OISHI GYM)に挑む一戦。

 そして第4試合では、8月大会から連続参戦となるプロ4戦無敗の女子キック期待の新星・ぱんちゃん璃奈(STRUGGLE)とJ-GIRLSピン級王者MIREY(HIDE GYM)が46kg契約のREBELSルール3分3R・延長1Rで対戦する。

最終更新:9/14(土) 12:47
ゴング格闘技

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事