ここから本文です

プラダの着こなし方──ジーン・クレールのスタイル講座

9/14(土) 9:40配信

GQ JAPAN

ファッション・ディレクターのジーン・クレールが毎月違ったテーマを選び、 独自のファッションティップスとトレンド感を加えて、着こなしを提案する。 ちょっとしたオシャレ心とジーンのスタイルテクニックでスマイルに満ちた毎日にしよう! 今回はプラダの着こなし方。

【着こなしコーデ例を写真で見る!】

1913年にイタリア・ミラノにてマリオ・プラダが創設した高級ファッションブランド、プラダ。1970年代後半にマリオの孫・ミウッチャ・プラダがデザイナーに就任し、夫のパトリッツィオ・ベルテッリとともにプラダを、ファッション業界をリードするブランドに成長させた。

プラダはモダニズムを定義するブランドの最前線にあり、その洗練されたシンプルかつ個性的なスタイルは「カジュアルクール」や「スポーティーエレガント」と呼ぶことができるだろう。プラダの素晴らしさはスタンダードなTシャツも正しく着用すれば、美しい見栄えになるというように、私たちのファッションの見方を変えたところだ。

建物の個性的なフォルムが特徴のプラダ 青山店をはじめとする国内の路面店では、スーツやジャケットをお好みの生地やサイズで仕立てられる「メイド・トゥ・メジャー」サービスを提供している。スタンダードなアイテムも、自分の個性に寄り添うカスタマイズが可能となるプラダならではのコンテンポラリーな価値観を象徴するサービスだ。

今回のスタイリングでは、スーツからスポーツウェアまで息づく一貫したプラダらしいスタイルを保ちながら、新しい視点を持って、コレクションとは異なる着こなし方を目指した。

Grazie Mille Prada!

Look No.1:定番的カジュアルを革新させるミニバッグ

シャツとしても、アウターとしても、そしてときにはインナーとしても使えるオールマイティなナイロンシャツは活躍必至。ウールカシミヤ素材のフーディーもリラックス感とラグジュアリー感を両立し、なにかと使えるパワーアイテムだ。鮮やかなライトブルーが目を引くミニバッグは、「プラダ ブリック」シリーズの最新作。コンパクトなサイズとキャッチーな色使いが魅力的。シャツ 135,000円、ニットパーカ 205,000円、Tシャツ 36,000円(3枚パック価格)、パンツ 53,000円、靴 95,000円、バッグ 188,000円(すべて予定価格)〈PRADA/プラダ クライアントサービス〉

【このスタイリングでもOK!】
小襟のポケット付き半袖シャツは、ホワイトのボディにストライプ状の製品プリントを施し、さりげないクラフト感を漂わせる芸術的1枚。シャツ 114,000円(予定価格)〈PRADA〉

1/3ページ

最終更新:9/14(土) 9:40
GQ JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事