ここから本文です

ハリー・シャム・ジュニアはアクション映画で躍動。【「glee/グリー」のキャストは今】

9/14(土) 20:52配信

VOGUE JAPAN

放送開始から10周年を迎えたドラマ「glee/グリー」のキャスト6人に迫った今週。シリーズのラストを飾るのは、ダンサーとしてキャリアをスタートさせたハリー・シャム・ジュニアだ。俳優として着実にステップアップしてきた彼の近況は?

歌は苦手だけど、ダンスは得意なアメフト選手のマイク・チャンを演じたハリー・シャム・ジュニア。最初は出番も少なかったが、ティナとのロマンスや進路をめぐる父親との激しい対立など、シーズンを重ねるごとに彼の存在感は大きくなった。そんな彼はビヨンセやジェニファー・ロペス、マライア・キャリーなどのバックダンサーだっただけあり、鍛え上げたボディと甘いマスクで「小柄でひよわ」というアジア系のステレオタイプを覆す人気者になった。

最近の出演作だと、やはり大ヒットを記録したオール・アジア系キャストの『クレイジー・リッチ!』(18)が記憶に新しい。だが、アクション映画こそ、彼が本領発揮できる作品だろう。『グリーン・デスティニー』(00)の続編『Crouching Tiger Hidden Dragon:ソード・オブ・デスティニー』(16)や、9月27日より公開するシルベスター・スタローン主演作『大脱走3』など、優れた身体能力を生かす役に恵まれている。

私生活では2015年、長年交際していたシェルビー・ラバラと結婚。故郷コスタリカでの挙式には「glee/グリー」の共演者、アンバー・ライリーやジェナ・アウシュコウィッツ、ケヴィン・マクヘイルらも出席した。

今年3月には第一子となる娘が誕生し、初めて迎えた父の日には娘を抱いたセルフィーとともに喜びをこう綴っている。

「人生最高の3カ月だった。彼女についてもっと学び、彼女がどんな人なのかを発見していくのが楽しみ。彼女が笑うと、僕はとろけてしまう。この写真を撮った数秒後に彼女は吐いちゃったけど、それも父の日の素敵なプレゼントだよ」。

最終更新:9/14(土) 20:52
VOGUE JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事