ここから本文です

五島列島・福江島の、極上グルメ&コージーな宿。

9/14(土) 14:02配信

フィガロジャポン

伊勢エビにキビナゴ、ブリやオコゼといった新鮮な魚に、五島うどんやちゃんぽん。五島列島でいちばん大きな福江島には、この地ならではのグルメがいっぱい。のんびり時間を過ごせるおしゃれな宿に泊まって、島を楽しみ尽くそう。

足が早いキビナゴは、産地でないと刺し身で食べられない。

下五島でとびきり新鮮な魚を食べるなら。|四季の味 奴

伊勢エビの生け造りにオコゼ唐揚げ、キビナゴ料理……短冊メニューを眺めると、そのほとんどが海鮮もの。
奴では約40年もの間、新鮮な魚料理を看板に地元の人気を集めてきた。ピカピカに輝くキビナゴは夜中に獲れたものをその日に提供。酢味噌に付けて食べれば、淡くて繊細な味がじわりと広がる。
オリジナルブレンドの味噌が決め手の「箱フグの味噌焼き」は、メニューにあればぜひ頼みたい一品だ。

<四季の味 奴>
Shikinoaji Yakko

長崎県五島市中央町4-10
tel:0959-72-3539
営)18時~22時30分L.O.
休)日 
カード不可
予約したほうがいい

製麺所併設の、自家製五島うどん。|おっどん亭

遣唐使往来時から広まったといわれる五島うどん。
福江島で食べるなら、製麺所が併設されたおっどん亭が断然おすすめだ。名産の椿オイルを塗り、3回に分けて熟成、伸ばして2日間乾燥させた麺は、コシがありながらも細くてのど越しがいい。
煮込んでも伸びないため、「地獄炊きうどん」が定番。風味豊かなアゴ出汁や、生卵といっしょにどうぞ。

<おっどん亭>
Ottdontei

長崎県五島市吉久木町831-1 
tel:0959-72-4846 
営)レストラン:11時~14時30分L.O. 
ショップ:9時~17時 
休)火(レストラン)
※祝日の場合は営業、ショップは無休
レストランのみカード不可
https://gotoudon-nakamoto.com 

●福江港から車で約10分。

清らかなちゃんぽんは、島民お墨付き。|うつみ

観光客はおらず、開店と同時に地元の常連客でいっぱいになる島の人気店。
中華ベースの定食のほか、ちゃんぽん、皿うどんがメニューイン。シャキッとしたキャベツにモヤシ、豚肉やかまぼこ、シーフードなど具だくさんのちゃんぽんは、店の名物。
豚骨と鶏ガラを半分ずつブレンドしたスープは、旨味とコクがありながらも後味さっぱり。思わず飲み干したくなるおいしさだ。

<うつみ>
Utsumi

長崎県五島市坂の上1-10-2
tel:0959-72-4431
営)10時~14時L.O.、16時30分~20時L.O.
休)月
カード不可

●福江港から車で約10分。

1/2ページ

最終更新:9/14(土) 14:02
フィガロジャポン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事