ここから本文です

リバキナ、ピーターソンらベスト4が出揃う [女子テニス]

9/14(土) 17:02配信

テニスマガジンONLINE

 WTAツアー公式戦の「江西オープン」(WTAインターナショナル/中国・江西省南昌/9月9~15日/賞金総額25万ドル/ハードコート)のシングルス準々決勝が行われ、第4シードのエレナ・リバキナ(カザフスタン)、第5シードのレベッカ・ピーターソン(スウェーデン)、ペン・シューアイ(中国)、ニナ・ストヤノビッチ(セルビア)の4人が準決勝に勝ち進んだ。

2019年WTAツアー表彰写真|PHOTOアルバム

 リバキナが第6シードのビクトリヤ・ゴルビッチ(スイス)を6-4 3-6 7-5で、ピーターソンが第3シードのマグダ・リネッテ(ポーランド)を6-3 6-7(3) 7-6(5)で、ペンがジュ・リン(中国)を6-4 7-6(5)で、ストヤノビッチは第7シードのカテリーナ・コズロワ(ウクライナ)を6-7(5) 6-4 6-4で破っての勝ち上がり。

 準決勝では、リバキナがペンと、ピーターソンはストヤノビッチと対戦する。

NEW YORK, NY - SEPTEMBER 03: Elena Rybakina of Russia in action against Ellie Douglas of the United States during their girl's singles first round match on Day Seven of the 2017 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on September 3, 2017 in the Flushing neighborhood of the Queens borough of New York City. (Photo by Abbie Parr/Getty Images)

最終更新:9/14(土) 17:02
テニスマガジンONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事