ここから本文です

広瀬すずが「性格悪い」と叩かれるのは、広末涼子と同じく“美少女の宿命”

9/14(土) 22:00配信

週刊女性PRIME

「ヤバい女になりたくない」そうおっしゃるあなた。ライターの仁科友里さんによれば、すべてのオンナはヤバいもの。問題は「よいヤバさ」か「悪いヤバさ」か。この連載では、仁科さんがさまざまなタイプの「ヤバい女=ヤバ女(ヤバジョ)」を分析していきます。

【写真】ミニスカ姿で子どもの運動会に参加する広末、打ち上げでの広瀬すず

第30回 広瀬すず

 NHK連続テレビ小説100作目の『なつぞら』。ヒロインを女優・広瀬すずが演じています。視聴率も好調なようです。

 その広瀬すずが、番組の公式ツイッターアカウントが配信した動画がもとで、ちょっとした炎上に巻き込まれたことをご存じでしょうか? 番組内で、広瀬演じるなつが出産し、母となります。動画では、出演者である新生児の赤ちゃんを、夫役の俳優・中川大志がおそるおそる抱っこします。その真剣さ、ぎこちなさがおかしかったのでしょうか、広瀬が指をさして笑っています。この行動に、ネットでは「性格が悪い」とか「人としてどうか」という意見が上がりました。

 広瀬の発言は、前にも物議をかもしたことがあります。

 2015年に『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)に出演した広瀬は、「どうして生まれてからオトナになったときに、照明さんになろうと思ったんだろう」「マイクもすっごい腕が疲れるのに、(音声さんは)なんで自分の人生を女優さんの声を録ることにかけているんだろうと」「きっとオトナになって年齢を重ねるとともに『本当に棒を……声を録るだけでいいの?』って思わないのかな」と発言。共演者であるとんねるずは笑っていましたが、ネットでは「スタッフを軽視している」「人の気持ちがわからない人」と叩かれ、広瀬はツイッターで謝罪したのでした。

 一緒に仕事をしているスタッフを軽く見るとは、ヤバいオンナだとネット民は思っているようですが、私はそうは思いません。

 広瀬のような演者はたとえ主役だろうがちょい役だろうが、作品を通して自分の名前を世間に知らしめるのが仕事です。しかし、照明さんや音声さんは個人名が出ることはないでしょうし、「この映画はオレが担当した」というような自己主張をするような人には、向かない仕事だと思うのです。

 もし、広瀬が制作スタッフを「表に出ることはないのに、地味な仕事をなぜこんなに一生懸命にしているんだろう」と思ったのだとしたら、それは周囲のスタッフたちがそれだけプロフェッショナルな仕事をしていた証拠と言えるのではないでしょうか。

 動画の件も、ちょっと考えすぎだと思います。確かに指をさすという行為は、あまりお行儀がよいとは言えませんが、周囲に対して「中川を見て」という意味の指差しであり、侮辱だと私は思いませんでした。

 私に言わせると、「人の気持ちがわからない人」よりも「人の気持ちがわかる」と言える人のほうが、よっぽどヤバいと思います。他人の気持ちは見えませんし、自分の予測が当たっているかどうかを確かめようがありません。それなのに「人の気持ちがわかる」と言いきってしまうほうが、よっぽど傲慢だと思います。

1/3ページ

最終更新:9/15(日) 3:00
週刊女性PRIME

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事