ここから本文です

【J1採点&寸評】川崎 2-0 磐田|貴重な先制点を奪った川崎期待の星に最高点!山村も移籍後初ゴールをマーク

9/14(土) 23:02配信

SOCCER DIGEST Web

川崎――新井を中心に無失点に抑える

[J126節]川崎2-0磐田/9月14日/等々力
 
【チーム採点・寸評】
川崎 6
リーグ戦では6戦、勝利から見放されていたが、ようやく勝点3をゲット。盤石な試合内容ではなかったが、優勝戦線生き残りへ踏み止まれたのは大きい。

【川崎 2-0 磐田 PHOTO】ホームで2発!逆転優勝へ望みをつなぐ、7試合ぶりの勝利!

【採点・寸評】
 GK
21 新井章太 6
ルヴァンカップでのパフォーマンスを評価され、チョン・ソンリョンに代わって先発を勝ち取る。58分には前に飛び出して相手のパスをカットし、59分にはルキアンのシュートをセーブ。無失点勝利に寄与した。
 
DF
17 馬渡和彰 6.5
右サイドで高い位置を保ち、ボールを呼び込む。35分には左足で山村のゴールにつながるクロスを送った。61分にはルキアンのシュートをあわやのタイミングでブロックするなど、守備でも効いていた。
 
34 山村和也 6.5
ジェジエウの負傷を受けてルヴァンカップに続いてCBでスタメン出場。パスミスをするなどやや不安定な立ち上がりで、その後もピリッとしない守備もあったが、35分にはこぼれ球に反応して川崎での初ゴールを奪取。勝利に貢献した。
 
5 谷口彰悟 6
チームが相手を押し込む時間が長いなか、最終ラインを統率。21分にはイエローカードを受けるも、ルキアンを激しくマークするなど、戦う姿勢を見せた。対してシュートチャンスを作られた後半は反省材料だろう。
 
7 車屋紳太郎 6
開始直後のピンチを除き、荒木や中山に自由にプレーをさせなかった。加えてオーバーラップも忘れず、51分には好クロスで小林にシュートチャンスをプレゼント。

MF
6 守田英正 6
空いたスペースを的確に埋め、相手のカウンターに対応。縦パスの意識も高く、脇坂の得点をアシストした。一方で、フィードミスもあり、もう少し攻撃に絡みたかったところ。
 
22 下田北斗 6.5
相手の最終ラインの裏に何度もボールを送り、攻撃のリズムを作った。守備でも先制直後に危険なクロスをダイビングヘッドでクリアし、セカンドボールへの反応も良かった。ただし、低いエリアでバタつくシーンも。

1/3ページ

最終更新:9/15(日) 0:08
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事