ここから本文です

仲川輝人が今季10ゴール目! 横浜が後半の3発で広島との上位対決を制す!!

9/14(土) 21:33配信

SOCCER DIGEST Web

後半勝負の展開で横浜が一気に流れを手繰り寄せる

 J1リーグは9月14日、26節の7試合を開催。ニッパツ三ツ沢球技場では、横浜F・マリノス対サンフレッチェ広島の3・4位による上位対決が行なわれ、3-0で横浜が快勝した。

【動画】仲川輝人の今季10ゴール目! 鋭い高速パスの連続から鮮やかなワンタッチゴール!

 試合は前半、ホームの横浜がポゼッションで優位に立ち、マルコス・ジュニオールらを軸に相手ゴールに迫るが、広島も持ち前の堅守で得点を許さない。前半はスコアレスで折り返す。

 迎えた後半、広島は柏好文が再三ドリブルで切れ込みチャンスを創出。横浜ゴールに襲い掛かる。

 しかし67分、先制したのは横浜だった。左サイドへの展開からタイ代表DFティーラトンが前方を走る遠藤渓太へ鋭いスルーパスを供給。これを遠藤がグラウンダーで中央へ折り返すと、ニアサイドに走り込んだ仲川輝人が右足ワンタッチで合わせ、ゴールに流し込んだ。横浜がついに均衡を破る。
 
 すると、これで勢いに乗った横浜は、81分にティーラトンの左足ボレーで追加点。84分にもマテウスのシュートが相手のハンドを誘いPKを獲得すると、エリキが落ち着いて決め、3-0と一気に試合を決めた。

 結局、ホームの横浜が3-0で広島を下し、連勝を3に伸ばすとともに勝点を48として、首位のFC東京に勝点差4と迫った。順位は3位をキープ。一方の広島は、12試合ぶりの敗戦に。勝点は43のままとなり、5位に後退した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:9/14(土) 21:33
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事